オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
日本大通(弁天通)、GALAのチャンスンマハほか
01r_DSCF6817.jpg

5月末に弁天通で行われた関内フード&ハイカラフェスタというイベントがありまして
そこで初めて関内にモンゴル料理のお店が出来たということを知りました。

正に待ち望んでいた出会いでしたよ。

思えば近所の新子安にモンゴル料理店があると聞いて行ってみたら閉店してた。
藤棚にモンゴル料理店があると聞いて出向いてみたら営業している様子がない。
鶴見にモンゴル料理店があると聞いて出かけて行ったらバーに鞍替えしていた…。

……ってそれは前にも書いたな。

02r_DSCF6799.jpg

場所は関内駅からベイスターズ通りを進み
交差している弁天通を右に入ってすぐ
ひょうたん蕎麦のある建物の2階奥になります。

03r_DSCF6804.jpg

店内奥に通されると客席そのものがゲル(モンゴル式住居)の中に入っております。
雰囲気ばっちし!

04r_DSCF6834.jpg

モンゴル料理店につきものの衣装もばっちし!
乙嫁語りごっこでも

05r_DSCF6835.jpg

蒼き狼と白き牝鹿ごっこだって出来ますよ!

06r_DSCF6805.jpg

馬の鞍とか馬頭琴とかも飾ってあります。

モンゴルの民俗音楽が流されてますが
スピーカーがゲルの外側に配置されています。

これ、ゲルの外あちこちにスピーカーつけて
風の音とか馬の嘶きとか流してくれると
もっと雰囲気出るんじゃないかなぁ、と思います。

したら楽しそうだなぁ。

07r_DSCF6803.jpg

とりあえず生ビール。

羊の塩茹でのチャンスンマハを頼みましたが
ちょい時間がかかるというので

08r_DSCF6815.jpg

先に羊の胃袋サラダを頂きました。

中国の東北地方のサラダと同様の
きゅうりに唐辛子とネギの風味で頂くシンプルながら美味しい料理です。

09r_DSCF6814.jpg

コリコリくにゅくにゅの胃袋の食感がいいですね。

ついついビールが進んじゃうけど
メインが来るまで持たせないと。

ちなみに他の野菜類も
豆苗だったりジャガイモの千切りだったり
豆腐の千切りだったりキュウリだったり、と

中国の北側の料理はモンゴルと地続き文化であることを感じさせます。

10r_DSCF6819.jpg

来ましたよ!
モンゴルの岩塩だけで骨付き羊を茹でた料理。

お店によっては大人数前提の量と値段になりますが
ちょい多めだけど一応1人で食べられるくらいの
サイズで用意してくれてるのが嬉しいですね。

口直しの赤キャベツ漬けと
味付け用の酢醤油ダレもついてきます。

11r_DSCF6821.jpg

骨付きとはいうものの
骨についたままの部位は一部で
あとはちゃんと食べやすくカットしてあります。

脂は固まりやすいので脂の多いアバラ周りの肉からどうぞ、と言われました。

昔池袋にあったノタガみたくほとんど全部
骨に付いたまんまの肉を原始人のように頂くワイルドさがないのは残念ですが

ともあれ味は塩だけにも関わらず脂にたっぷり旨みの出ている羊肉サイコー!
柔らかくてウマくてたまりません!

贅沢に一人お大尽出来る幸せといったら!

いやだって、前に仲間内でお誘いはしてるんだけど
食いつき悪かったんだものしょーがない。

今頃羨ましがっても遅いよー、ということで食い尽くす!

12r_DSCF6822.jpg

スーティ茶という塩味のミルクティを頂きました。
ちょっと豆漿みたいですね。
お茶というより軽いスープのよう。

つうかお椀で出てくるとは思わなかった。

13r_DSCF6825.jpg

〆に怪彗星…もとい、ツイヴァンという
モンゴル式の蒸し麺を頂きました。

ちょい厚めの平麺は手打ちなのかな?
刀削麺みたいなむっちりの食感で
そうそう、こういうのを食べたかった!という料理です。

14r_DSCF6830.jpg

当然肉は羊肉ですよ。
だから味旨みしっかりノッてて美味いですわ~。

麺類だけどキュウリとジャガイモが入ってるあたりがまた面白い。
おかげで食べ甲斐もあるし
ジャガイモはことさらに羊の旨み吸収してウマいのね。
たまらんなぁ。

メニュー見ると炭水化物系も充実しています。

手打ちうどんに焼きうどんに焼き飯等々。
スープも肉入りモツ煮…まだまだ食べたいもの沢山です。

15r_DSCF6800.jpg

お祭りで食べたラム肉の串焼きボーズもめちゃめちゃ美味しかったし。
また食べに来たい!

公式ページ
参考ページ

石焼きのホルホグが羊でなく牛なのが残念なんですが
本格的モンゴル人御用達なディープ&ディープなお店に行きたい場合は
両国巣鴨あたりに出かけていくとして

手軽に地元ヨコハマでモンゴル料理食べられるようになったのが
何より嬉しいですもの。

これからもこういった異国料理専門店が増えていってくれると嬉しいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アジア料理 - ジャンル:グルメ

コメント
食いつきが悪かったのは、
 ホルホグが牛肉だと、その一点に尽きまする。食指が動かぬとはまさにこの事。されど内臓料理があると聞いて考えを改めました次第ですよ。
 末弟あたりが乗って来るなら一丁攻めてみますかい。

 閑話休題。
 亀戸なんててんで遠いんですが、あたしゃこちらで昼から飲んだくれてみたいです。
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13177109/
[2015/07/06 23:30] URL | 奪命流星 #yjwl.vYI [ 編集 ]

よしkoutanさんに民族衣装を着せよう!
何故に羊でホルホグやらないのか謎ですよねぇ。

ふう、赤ちょうちんでガイヤーンやバクテーっていいっすね!
亀戸か…なんか他にも行く口実がないもんかなぁ。
[2015/07/07 12:52] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]

しかしまあ
茹で肉かー、翌朝羊臭そうですな笑。
塩味の羊乳ミルクティーもありそうっすね。小泉武夫さんの世界だ。
[2015/07/07 21:12] URL | つちころり #- [ 編集 ]

前述した両国や巣鴨のお店に比べれば
入門編と言えるかもしれません。
それでも雰囲気や独特の料理は味わえるし
何よりヨコハマ界隈で頂けるというのがホントに嬉しい。

正直十年近く待ちわびたお店なんですよ。
[2015/07/08 23:19] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/971-52181e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR