オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
反町、バルタンのタルタルほか
IMG_7005.jpg

反町駅前にあるバル

関係ないけど…
…今地図見たら反町駅ってギリギリ反町の外にあるんですね。
住所上は桐畑なのか。

そのバルに何故惹きつけられたかと言えば…まぁお分かりになると思いますが
…店名ですね(笑)

ウルトラマンの永遠のライバル的な宇宙人…
いやまさかそれが命名由来ってことはないよなぁ。

反町のバルだからバルタン…らしいです。

IMG_7000.jpg

お店に入ると流暢な日本語を話す北欧系の顔立ちのマスターが迎えてくれます。

ちょっと面喰いますが会話に支障なし…というか日本生まれのハーフなのだそうで。

ともあれまずは注文。
エスニック風ゴルゴンゾーラ大根というよくわからないけど惹かれるものがある一品。

シャキシャキした大根を想像していましたが
おでんのダイコンのような煮え加減。

エスニックというか、パプリカ系の辛さなので
ハンガリーチックな
でもおでんのような安心する味わいも

さらにゴルゴンゾーラ特有の臭みというか香りがたまらん料理です。
これは美味し。

マスター、前は鶴屋町のハマ横丁にあるおでんやさんを経営していたそうで
こちらのバルは2号店的なもの…なんですかね。

IMG_7002.jpg

ムール貝の白ワイン蒸し
先ほどの大根と同じくこちらも350円とコスパ高し!

ムラサキガイなんじゃないかとは思いますが
作り置きの冷菜ではなくてちゃんとその場で調理してくれる貝は
しっかり味が染みててこれもうま。

IMG_7011.jpg

軽く炭水化物が欲しかったので
バゲットのついてるレバーペースト。

ココットのサイズこそ小さめだけど
このレバーペースト、チーズやバター並みにガッチリ固めてあって濃厚です。

IMG_7004.jpg

父方の母国のスウェーデン料理らしい肉団子を…と思ったけど品切れ。

こちらのバルでも鶴屋町のお店でもイチオシな馬肉料理
タルタルを頂きました。

元々騎馬民族であるモンゴル人の作った料理でしたが
タマネギにニンニクにピクルスを刻み、生卵をかけてケッパーまで添えると
すっかり北欧系の味へと変わります。

馬肉とか久々に食べましたが、美味いもんですね。
ワインと併せて堪能しました。

IMG_6994.jpg

気の利いた料理だけでなく
きっとこのお店に来るお客さんはマスターの人柄に惹かれてなんだろうな、という感じ。

めちゃめちゃフランクで話しやすくて
マスターに会いに来るだけで価値のあるお店です。

気分良くなって酒が進んでしまいそうなんで、そこは注意(笑)

公式ページ
参考ページ

バルタンはバルタンでも
生命の概念を理解しない初代でなく
どちらかというと「まだ勝負は1回の表だ!」とか
めちゃめちゃ日本文化に精通しているJrの方でしたか(笑)

時々西欧人らしい下ネタが飛んできたりもしますけどね!

ゴルゴンゾーラ大根のセンスからするに
温菜の類はもっと美味しいんだろうなぁと思うのです。

肉団子か、さもなきゃなんか煮込み料理…お願いできないかなぁ。

テーマ:ワインバー - ジャンル:グルメ

黄金町、グライドカフェのグリル・デ・チキンほか
IMG_6799.jpg

黄金町駅前のアメリカ西海岸、グライドカフェ
週末飲みたい気分だったけど
雨がザーザー降っていたので関内方面まで歩く気がせず…

こういう時に駅前っていうロケーションは有難いわ!

IMG_6787.jpg

メニューの方向性がしっかり定まった今のメニューはこんな感じ。
タコフライって蛸なのかタコミートなのか、どっちだろう?

IMG_6788.jpg

この辺はランチのメニューと概ね同じですが
そうそうそう、このハッピーアワーのメニューを狙って今日は来たのでした。

IMG_6789.jpg

こちらはグリルメニュー
ソーセージのビール煮っていいなぁ。

だが今日はハッピーアワーのセットにソーセージが含まれてるから
グリルから何か選ぼうというハラづもり。

IMG_6791.jpg

セット付きの生ビールはアサヒ。
ファーストドリンク向けの気持ち小さなグラス
一気にあけたくなる気分だけど、取りあえず料理来るまではのんびりと。

IMG_6794.jpg

素材自体はランチでもお馴染みの内容ですが
こうして盛られるといいビールのお供になりますね。

ポテサラにピクルスにナッツにチーズにグリル野菜にソーセージ。

IMG_6795.jpg

ランチでは脇に回る役回りの多い顔ぶれですが
それは汎用性の高いメンツでもあるということです。

ポテサラとナッツを併せてみようか、とか
チーズとグリル野菜はどうだろう?とか楽しむことができます。

炭焼きで甘さが引き立つグリル野菜に
ちょっとだけチリソースかけてみると一層美味いですよ。

IMG_6803.jpg

グリルメニューを頼んでから、それに併せて次のドリンクを
アミーゴというビールにライムジュースを合わせたもの。

オリジナルカクテルなのかと思ったら
初めからそういう商品として売られてるんですね。

そしてアミーゴという名前でありながら
メキシコの商品でなくイギリスのなんだって。

南米をイメージしたヨーロッパのちょっぴり甘くて爽やかな酸味のあるビール。
つまり、日本で言うジャワと全く関係ないジャワカレーみたいなもんか。

IMG_6798.jpg

グリル・デ・チキン
単品で頼んでもセットのようなサラダやらグリル野菜やら盛り沢山。
パンつければ立派なディナーに早変わりな内容。

場合によっては酒飲まないでもメシの選択肢として十分アリ!

こちらのグリル野菜はコーンにピーマン、パプリカ、ネギ、と
さっきと内容変えてきているのが嬉しいですよ。

焼き色のついたネギってなんでこんなに美味しいんでしょうね。

ポテサラでなくカボチャのサラダ
焼きパインは肉と併せるのにいい具合。

IMG_6801.jpg

チキンはシンプルに岩塩の味だけで焼いたもの。
フライドガーリックをちょいと載せて

脇には南米の肉グリルにはつきもののビネグレッチ
つまり刻み野菜のビネガー漬けが添えてあり

あと真ん中にはパセリとニンニクのソースといってましたが
つまりチミチュリソースですね。

アルゼンチン発の肉用ソースの1つ。
ガーリックとオイルとビネガーとパセリの組み合わせが
これまたたまりません!

方向性としてはイタリアのバジリコに近いので
麺などの炭水化物系にも合いそうですが
野菜や肉にももちろん合います。

炭焼きのチキンに載せて食べるとウマー。
これもっと大量に欲しいなぁ。

公式ページ
参考ページ

脳から火吹きそうになるくらい消耗した金曜でしたが
ビールと肉ですっかり持ち直しました。

夜の使い勝手もいいですね。
駅前って強味だな、と改めて感じましたよ。

さて、今週末も雨だよ…。

テーマ:グリルメニュー - ジャンル:グルメ

阪東橋(曙町)、カッパーキャットのギネスビーフシチュー
IMG_6660.jpg

阪東橋16号線沿いにある週末だけの小さなアメリカ、カッパーキャット
気になっていながらも何度か機会逃しちゃってる料理がありました。

IMG_6655b.jpg

これこれ、フードの下から2番目
ギネスビーフシチューです。

元々アイルランドの冬の田舎料理
ギネスビールを加えたシチューというのがいかにも欧米人らしいセンスですよね。

IMG_6658_2017100222303409a.jpg

中入ったらいきなり目の前にでっかいわんこが寝そべってるのでちょっとびっくり
まぁいつものことです。

カウンター席でベタの尻尾を眺めつつ料理が出来るのを待ちましょう。

IMG_6657_20171002223033a35.jpg

今日のサラダはドレッシングの酸味が一段と強いです。
でもフルーツビネガーらしく、ほんのりの甘みもあります。

IMG_6662_2017100222303996c.jpg

日本人的にはご飯は米かさもなきゃ小麦粉がないと、と思ってしまいますが
炭水化物担当がマッシュポテトだというのが欧米ならではですね。

元々アイルランドでもギネスシチューには
マッシュポテトが添えられるというのは定番らしいです。

IMG_6661_20171002223037977.jpg

しかもけっこう量たっぷり。

ネギがいいアクセントになっていますが
ちょっと持て余しそうですよ。

IMG_6666_201710022230423ee.jpg

ペッパーミルと岩塩出してくれますので
これで味に変化つけつつ頂くといい感じ。

IMG_6665_20171002223040225.jpg

こちらのお店のギネスシチューは刻み野菜もたっぷりで
半分が具材、というくらいのバランス。

ゆっくり時間かけて煮こむので
基本的に苦味もアルコールも飛んでいるものの

何処となく麦芽っぽい甘さとほろ苦さを感じる味。

牛肉もかなり柔らかくなってほろほろ。

一鍋に対して一缶と、わりと量使いますが
うまいことビールの旨味だけがシチューに残るのが不思議な料理です。

公式フェイスブック
参考ページ

まんま向こうのご家庭ならではの家庭料理やお菓子が頂ける得難いお店。
気候の丁度いいこの時期
ちょいと散歩してのランチやコーヒーとケーキ

すごくいい休日の過ごし方になると思います。

テーマ:イギリス料理 - ジャンル:グルメ

野毛(花咲町)、ハナサキ・ブッチャーズストアのシャルキュトリー
IMG_6622.jpg

野毛番外地、花咲町の音楽通り脇にある
南米寄りの肉バル、ハナサキ・ブッチャーズストア

お店の方向性や空気が好みな感じなので
最近お気に入りになりつつあります。

開店1周年の時にちょいと夜の様子を見に偵察に。

IMG_6615.jpg

ワインのお供に良さそうなリーズナブルなつまみも充実しています。

こちらはレヴェルト デ モルシージャ。
スペインのブラッドソーセージ、モルシージャを入れたオムレツ。

オムレツ…というか卵要素何処に?という見た目です。
実際食べた感じもパテみたい。

加工肉にナッツに米がしっかり入っていてこれは美味いです。
サルサっぽいソースとの相性も良し。

IMG_6618.jpg

ビールの後は泡、ラ・ロスカ・ブリュット。
口当たりよくてするする飲めてしまうのが危険。

肉に併せるには赤ワインの方がいいんですが
白とか泡とか好きだから、それでいいんです!

IMG_6621.jpg

まな板プレートの上に敷き詰められた加工肉
シャルキュトリーのMサイズ。

ホントはパテ・ド・カンパーニュ目当てだったんですが
たまたまこの日は売り切れてナシ。

目の前で仕込んでる最中でしたよ。
めちゃ時間がかかるので、待ってれば出来るって料理じゃないんですよとほほ。

IMG_6623.jpg

んでパテの代役はローストビーフ。
サラミ2種に鴨肉燻製
あと一つはメニューにはベーコンって書いてありましたが
グリルした豚肉って様相です。

鴨はそんなに燻してはいないようで
脂もクセはあまりないタイプ。

サラミは半円のソプレッサは熟成が進んで独特の匂い
平べったいスピアナータの方は塩強めだけど
脂の熟成が進んでいいお味、好みです。

IMG_6624.jpg

もち豚のハムは香料、香草等は控えたフラットな味。
純粋に肉本来の味を味わえます。

ベーコン……いや、やっぱりグリルドポークなんだと思う。
この中で唯一の温菜。
サラミと逆に脂の甘さが肉に沁みた甘めのマリネ汁とよく合っていい感じ。

ローストビーフも甘めのタレが肉によく染み込んでいて
このタレが牛の旨味を一層引き立てて
前菜として完璧な出来です。

まぁ、今回はメインとして食べてるんだけどさ。

IMG_6629.jpg

グリルドカクテルなんてジャンルがあったので試してみました。
これはグリルドレモンサワー。

名前の通りレモン、炙ってあるのが入ってるんですね。
ジントニックはライム炙ってるのかな?

レモンにちょっぴりグリルした肉と野菜の風味が移っています。
ピンで飲むのには雑味が強いけど
グリルメニューと一緒に飲むのにはいいかもしれません。

公式フェイスブック
参考ページ

取りあえずは軽くの偵察。
というか、ブラッド・パテ・ド・カンパーニュ食べそこなったのが悔しい!
モルシージャもピンで食べてみたいところです。

というわけで絶対リベンジだ!

テーマ:肉バル - ジャンル:グルメ

日ノ出町、ハニー アンド スパイス の今日は何かな?パスタ
IMG_6608.jpg

大岡川沿いは秀武館の隣りの間口の小さなカフェ。
前は居酒屋か何かだったと記憶していますが
桜祭りの時にアンティーク雑貨とカフェのお店として開いているのを見つけました。

昼にも開いていることを知って、暑さが抜けた頃にようやく訪れてみました。

元々ちょんの間だったところを
浄化政策でアートスペースやカフェとして貸し出すようになった場所での営業。

1人か2人座るのがやっとという小さなカウンター
2階もあります、というので登ってみることにしました。

IMG_6611.jpg

ちょっと待ってくださいね、と言って荷物をどけるご亭主。
とはいえ人ひとりがギリギリ通れるようになっただけで
脇に雑貨類は置いたまま。

これ転ばずに昇り降りするの大変ですわ。

IMG_6606.jpg

うわ、せっま!
同じような身上だったきぃ茶房も狭かったけど
更に更に狭いです。

自分の顔より後ろにカメラを置いてもなお部屋の全景が写せないという。
そして古物類もジャンルに全然統一性がなくて、ご家庭の物置かと…。

IMG_6591.jpg

メニューはこんな感じ。
カレーは今仕込んでる最中なので時間がかかるとのこと。

チキンはご飯はつかないとのことで
パスタをお願いしました。

IMG_6596.jpg

彫刻を施した牛の頭蓋骨
カバーの取れた電気スタンド
真空管時代のラジオ

味わい深い使い古しの家具というか雑貨。

IMG_6603.jpg

あ、テーブルだと思っていたのは足踏みミシンか!

IMG_6594.jpg

コンロは一つしかないようなので窓から外をぼけーっと眺めて待つこと暫し…
暫しどころじゃなかった。

かなり待ってハラ減り。

IMG_6609.jpg

トマトベースのパスタと言っていましたが、ナポリタンですね。
しかしこの具材の盛り込みよう、素敵です。

具材の選択自体はご家庭で作るスパゲッティとほぼ同じですが
この大盤振る舞いソーセージの量!

IMG_6610.jpg

イメージ的に山小屋レストハウスのご飯という感じです。

田舎的な、野暮ったいところもあるけど
それを大きく上回る気の利いたところがある温かい雰囲気のナポ。

ご家庭的のようでいて、でもやっぱりお店ならではの垢抜けたところもある美味しいパスタ
ハラ減っていたこともありますが、あっとゆーまにガガッと食べてしまいました。

うん、美味しかった。

IMG_6590.jpg

こちらはコーヒーも美味しいと聞きますが
それを試すには時間が足りません。

だって注文してから料理でて来るまで40分近くかかってますから。
もう走っても午後の始業時間に間に合わないので
諦めて早歩きに留めて戻りました。

参考ページ

休日に時間のある時に
コーヒーも含めてのんびり味わうのに丁度いいお店ってことみたいですね。

テーマ:スパゲッティ - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR