オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
関内(不老町)、ソウルキッチンの仔羊のレモン煮
IMG_5901.jpg

関内南口駅前、ウィングインターナショナル裏手の脇道
駅から見るとモスバーガーの入っているビルの正面右側の細道にあるビストロ

立地からして韓国系かな、と思ったら
そうではなくフレンチのビストロっぽい雰囲気。

ランチもやってるけど日月がお休みらしいので
土曜日にちょいと行ってみました。

IMG_5894.jpg

カウンターに6席に、ギリギリ2人なんとかなる、くらいの小さなテーブル2つの小さなお店。

開店してから2年ほどのようですが
もう10年くらい営業してそうな年季の入った店内。

スペイン辺りで見かけそうな濃い青のタイルを
素人仕事っぽく貼り付けたカウンターに
無造作に置かれた調理用具
そしてアンティークっぽい化粧箱入りのナイフとフォークセット
などなど

生活感のある統一感の無さ具合が
すごくフランスの普通のビストロっぽい。

そしておねーさん?おかーさん?お1人でやってらっしゃるのですが
ランチからこんなレパートリーの多さ。

IMG_5895.jpg

とても一人じゃ回し切れないんじゃ?と思っていたら
「○○ちゃん、ゆっくりでいい? お鍋が足りないの」
なんておっしゃられてます。

お客さん自分以外全員女性なのですが
聞こえてくる話聞いてる限りだとみんなちゃん付けで呼ぶような顔馴染みっぽい。

ますます空気が向こうのお店っぽいなぁ。

グランドメニューの後ろにドイツのコメディ映画のポスターが

なるほど、店名の由来はそこからですか。

IMG_5898.jpg

サラダはレタスとトレビスのみですが
オリーブオイルやらペッパーミルからの胡椒などいろいろかけて
味つけはニンニクの効いたサワークリームのようなヨーグルトのようなディップで。
バゲットもついてきます。

バーニャカウダっぽい食べ方ですが
トレビスのキリッとした苦味と酸味のあるクリームがよく合います。

IMG_5902.jpg

ごろんとした塊の羊肉の煮込みにピラフとチコリ添え
これギリシャ料理のスパルタでたまにランチで出るラムのレモン煮込みと同じ料理ですね。

IMG_5904.jpg

味は、スパルタのものより複雑で深みのある味わい
味噌…じゃないんだけどそんな感じの、様々な香辛料の組み合わせによる奥行きのある味です。
これ美味いな~。

ヨーロッパの子供泣かせと呼ばれるチコリも
大人の味覚からするとレモンソースと絡んで美味いです。

但し量は微妙に物足りず。

唯一そこだけが残念…だけど
海外旅行にちょくちょく行ってるらしい小金持ちのOLさんたちがメインターゲットのようだから
それでいいのだと思います。

IMG_5907.jpg

食器は詳しくないけど
結構モノの良さそうなカップですね。

これは雰囲気的に紅茶頼んだ方がよかった…かも?

IMG_5908.jpg

ついでにデザートも頼みました。
イチコとイチジクとブドウがあるというのでブドウで。

巨峰とマスカットの掛け合わせらしく
適度に酸味の抜けたしっとりした甘みの葡萄に
ヨーグルトの酸味のあるムースのタルト

これも結構イケてますね。

IMG_5566.jpg

映画の中のレストランモチーフなだけに
憧れを形にしたお店、なわけですね。

海外の有名店で修業した、みたいなタイプではありませんが
フランス人の主婦がフランスの街角で開いた家庭料理の頂けるビストロ
みたいなあえて「垢抜けていない」コンセプトはちゃんと成功していて
すごく「らしい」なぁ、と思います。

参考ページ

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

関内(弁天通)、ヘイトアシュベリーのピリ辛スパイシーポーク
IMG_5475.jpg

弁天通のビルの2階にあるヒッピーカルチャー系カフェ、ヘイトアシュベリー

こういうコンセプト系のお店って
概ねの場合は意識高すぎて美味さに繋がって来ない場合が多いんですが
こちらは食べ物、結構イケてます。

IMG_5455.jpg

前回シンプルながらも美味しいポークグリルを頂いたので
今回はチキンにしようか…

いやでもピリ辛スパイシーとか言われたら、避けて通れませんよ。

IMG_5468.jpg

夜来たら単品で頼んでみたいと思ったクミンサラダ
控えめのドレッシングと生野菜の配置こそナチュラル指向ですが
クミンの強い風味とスライスアーモンドの脂気がいい刺激になって美味しいです。

IMG_5471.jpg

続いてガスパッチョが出てきました。
こちらのガスパッチョはすりおろし野菜がたっぷりで
飲むというよりは食べるスープ
いや、飲むサラダと言うべきか。

濃い味のトマトにキュウリにタマネギに
サラサラの野菜の粒が口の中にたっぷり飛び込んで来ます。

これは、口に含んでサラダを頂くと
ドレッシングの補填になるな!

一緒に食べるの前提にしてもいいバランスがなかなか面白い。

IMG_5476.jpg

自家製のバゲットに半分のグリルドオニオン。
強い主張のあるバゲットは、肉野菜と一緒に食べると一層双方を引き立ててくれます。

ナチュラルな甘みのあるオニオンもホクホクで美味し。
単体で食べると、料理の中で強い甘みを発揮してくれるだけのことはあるな、と実感します。

IMG_5477.jpg

肉の味つけはドライカレー風味
ブ厚めの肉はしっかりした身も脂身も余すところなく出して
濃いピリ辛のスパイスも油を十二分に含んでいて
しっかりとした噛み応えに濃厚なカレー味の相乗効果でいい味わい

肉から零れ落ちたソースはバゲットにつけてしっかり頂きます。

参考ページ

なかなか美味いメシが頂けるカフェですよ。
ちょいと見つけにくい場所にあるお店ですが
単なる隠れ家と通り過ぎるには勿体ないと思います。

一風変わった空気のある、でも居心地のいいカフェのご飯。
オツなもんですよ。

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

六角橋、カフェ・アメンドロのパンツェロッテイ
IMG_5706.jpg

久々に白楽方面まで散歩。
久々にグルヌイユでお昼を…と目論んでいたのですが、なんと貸切営業中。

それじゃシンチャオで…と思ったら店主一時帰国の為お休み

じゃ、アジアンブリーズの後に入ってきたケバブ屋に…改装のため一時休店…。

うーん、まとめてフラれまくりだなぁ。
なら、いつの間にか仲見世商店街に出来ていたカフェで食べてみることにしましょうか。

IMG_5705.jpg

カフェとして営業しているのですが

いもようかん系のお菓子イチオシで箱売りしている商品もあるので
どこかの菓子屋の支店なのかな?

IMG_5703.jpg

入ってみようと決心した理由の一つは
珍しくパンツェロッティなんてもんがあったからです。

カレーも気になるけど、やはりここは包み揚げピザで。

そしてお菓子屋なんだからデザートも。

IMG_5707.jpg

女性客特化型の内容だなぁ、というのが即見てとれます。

600円という一見割安なお値段ですが
まぁ、まずデザートとドリンク…つけるよね、こういう内容なら。

IMG_5708.jpg

サラダに蜂蜜がけヨーグルトにコンソメスープ。
予想外にあっつあつな濃いめのスープで体ほかほかです。

IMG_5710.jpg

単品販売だと420円のパンツェロッティ。
そごうの地下で似たようなタイプのカルツォーネをよく見かけますが
あれよりもサイズは小さめ。

イタリアンピロシキ、という雰囲気です。

IMG_5712.jpg

中身はトマトとチーズ
意外とバジルが効いていて
トマトソースも濃くチーズもとろとろで美味いです。

…でもサイズ小さめなので2こくらい食べたいもんだなぁ。
したらちょっと高くつくけどね。

IMG_5714.jpg

テラコーヒーのアイスにロールケーキのハーフ。
クリームはさつまいも味。

さつまいもの風味がしっかりしながらも
スイートポテトというよりは和菓子ベースのような甘さ加減。

でもそれがあんまりあからさまなバランスでもないので
ロールケーキの中身としていい塩梅になってます。

IMG_5696.jpg

帰ってから調べたら、千駄木の和菓子屋の支店らしいですね。
アメンドロって名前、イタリア語由来とかでなく日本語だったのか!

そうすると逆になんでメニューにパンツェロッティがあったのが不思議だなぁ。

中身がスイートポテトのものもあるみたいなので
そのついでだったのかな?

公式ページ
参考ページ

IMG_5722.jpg

東神奈川経由で帰ろうとしたら、いつの間にかワイオリカフェが無くなっていて
その後にベトナム料理屋さんが出来ていました。

ベトナムフォー・ティンアン、という名前通りフォー特化型のお店みたいです。
牛骨スープの本格的なベトナムの味が頂けるらしいので
今度入ってみたいと思います。

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

大口通、金剛商店138番地のホタテムニエルと鶏のテリーヌ
IMG_5797.jpg

子安駅徒歩2分…同時に帰り道にある素敵バル金剛商店
帰り際に空いてるかな~と覗いてみたら
8時までなら、ということなので早々に滑り込み。

IMG_5789.jpg

毎度毎度選ぶのが難しいメニュー。
固定じゃないから次ぎ来た時にもあるとは限りませんからね。

そういえば近々製氷機が入って
ビールサーバー等も新調されたりするらしいですよ。

IMG_5791.jpg

テリーヌがあるなんて珍しいな、と注文。
中世フランスですでに食されていた保存食の一種。
今でも前菜枠として定着しているパテ料理です。

金剛ならでは、バゲットにサラダにキャットラペに、と
お供がついてくるのが相変わらずですが嬉しいです。

IMG_5794.jpg

2種ある白いほうは普通に身を擂ってピスタチオなどを混ぜたあっさりタイプ。
もう一方が個人的に好きなレバー入り。

レバーペースト同様の濃厚な味わいがあると
口の中に広がる旨味も倍増です。

あとピンクペッパー添えてくれるのがイイ。
味が引き締まって一層おいしく感じますもの。

IMG_5798.jpg

肉厚なホタテたっぷり
表面がカリッと焼きあがっています。

それでも中の方は噛んで繊維がほぐれると
二枚貝特有の豊潤なホクホクした香りが口と鼻腔にふんわりと。

IMG_5799.jpg

いつもは肉や魚の大きめの身の土台となっているグリル野菜群ですが
今回ばかりはメインとの一体感強し。

下に隠れてるクスクスにジェノベーゼにニンジンソースと交わって
様々な色合いならぬ味わいが。

お供に頂いたハイボールは薄めで注文。

酒あんまし強い方でないので
濃すぎと翌日に響くんですよ。

そういうこと気をつけなきゃいけないくらい濃いめがデフォルトというのも金剛ならでは。

参考ページ

あとこの日嬉しいことがありました。
ブログ続けててよかったな~、と。

事情知ってる人はコッソリほくそ笑んでください(笑)

テーマ:ダイニングバー - ジャンル:グルメ

鎌倉御成町、ビストロオランジュのストウブ鍋のクスクスランチ
IMG_5280.jpg

鎌倉で新規開拓。
前々から御成通りを通ってる最中に気になっていたお店がありまして

ビストロ・オレンジ?
いや、フランス読みだからオランジュか。

IMG_5268.jpg

ランメニューにパテ・ド・カンパーニュがあるのも気を惹きますが
それ以上に羊スキーとしては仔羊肉と野菜の煮込み、と書かれているのが見逃せません。

夏の暑い時期にストウブ鍋という選択もどうかとは思いましたが
でも思い立ったが吉日。

IMG_5271.jpg

1階の調理場前にカウンターはありますが2階のテーブル席へ。
カウンターにはお客さんいませんでしたが
2階はほぼ満席でした。

IMG_5274.jpg

セットのスープはデミタスサイズのカボチャスープ
素材の味がしっかりしてて美味い。

IMG_5278.jpg

生ハム入りのサラダ。

鎌倉のちょっと洒落たお店は
鎌倉野菜や三浦野菜っていういい地物を使ってるので
美味しいことが多いのがすごく有難い定番方式です。

IMG_5281.jpg

フランス製の調理器具ストウブ
タジン鍋同様に無水調理に適したココットでグツグヅ煮込まれた羊と野菜。

うーん美味そう。

添えられたペーストはハリッサ。
マグリブ、北アフリカで用いられる唐辛子をベースにした調味料です。

辛いけど味の趣きが変わるのでお好みで少しずつ使ってくださいとのこと。

ボート型の皿に入っているのは同じくマグリブ料理のクスクス。

フレンチのお店でもこのような中東寄り、アフリカ寄りの料理を扱っているところって
そう多くはないんですが

扱っているお店って総じて料理のセンスがいい傾向にあったりします。
多様性万歳。

IMG_5286.jpg

野菜の選択と彩り加減がフレンチならではですね。
羊肉もたっぷり入ってますが比較的臭みはなし。
万人に美味しく頂ける作りになってます。

あとギアラあたりの内臓もちょっと入ってるっぽい。
味に深みが出てます。

IMG_5288.jpg

クスクスにかけて召し上がってください、とのこと。
こうして食べるとこれも広義の意味でカレーなんじゃないかと思わなくも。

意外と優しい味わいの煮込みとクスクスの相性も良し。

ハリッサは最初甘い口当たりがあって
その後かなりの辛さが追いかけてきます。

でも予め料理に混ぜて馴染ませて食べると
これがまたエスニックとヨーロッパの融合的な深みのある味わい。

食べてて汗かいてきますが、でも心地よい美味さに浸れます。

IMG_5292.jpg

追加でデザート。
ピーチメルバです。

シロップ漬けにしたモモとアイスクリームの組み合わせは夏にはピッタリ。
熱くて辛い煮込みを頂いた後には一層の清涼感をもたらしてくれます。
くるみが入っているのも面白いです。

IMG_5267_201708161545394e1.jpg

ル・ポワンウエストという10年続いたお店が
2年前にリニューアルオープンしたのが始まりのようです。

店の雰囲気も接客も料理もなかなか良い感じで
鎌倉ならではなお店になっています。

ランチはそこらのお店に比べると少しだけ値が張りますが
それだけのことはあり。

気持ちよく優雅にお昼頂くのにいい選択肢だと思います。

公式ページ
参考ページ

御成通りには他にもよさげなお店がいくつか軒を連ねてますので
時間があればひとつひとつ入ってみたいところですね。

テーマ:ビストロ - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR