オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
東神奈川(平河町)、横濱ロケットのゴルゴンゾーラのクリームグラタンピザほか
IMG_9568.jpg

東神奈川から東横沿線に進んだ辺りの住宅地にあるイタリアン、横濱ロケット

沿線といっても、この辺東横は地下を走ってますので
その上に沿っているフラワー公園脇ということになります。

以前食べたペペロンチーノがわりと美味しかったのと
お値ごろなつまみの類が美味しそうだったので
平日夜に訪れてみました。

IMG_9536.jpg

ハートランドの生で乾杯。
お通しにはプチトマトのピクルスが出てきました。
漬けた時間はそう長くない分、スパイス強めの汁を使っています。
ほぼ素に近いプチトマに丁度いい味を加わえてくれます。

IMG_9533.jpg

本日のオススメはこんなところ。
つまみの類が400円均一というのは嬉しいですよね。
そしてどれも魅力的。

IMG_9545.jpg

サーモンのカルパッチョは皮を炙っているので香ばしさ倍増。
バジルドレッシングとパプリカと併せるといい具合の前菜向き。

IMG_9547.jpg

鮪ホホ肉ステーキはしょうが焼きのタレっぽい甘辛醤油に
刻みガーリックと粗挽き黒胡椒の複合の濃い味。
これはタレをサニーレタスにたっぷり絡めて頂きたい。

柔らかいホホ肉の焼き具合もナイス。
これはお値打ちですわ。

IMG_9558.jpg

ホワイトホースの水割りと
和牛ホルモントマト煮込み。

よくあるトリッパのトマト煮込み的な
どろどろトマトピューレ煮込みかと思ったら

ニンニクスープをベースに生トマトと生バジルをあしらった煮込み。
これはまた面白いです。

IMG_9557.jpg

モツの処理が上手くて臓物臭さは皆無。
柔らかくてちゃんと噛み切れるホルモンに
トマト入りスープがまた美味いこと。

しかもこの量で400円。
素晴らしい!

IMG_9564.jpg

こちらのお店、ピザ体験教室なんかもやっているようで
マスターの手が空いている時には外から見えるアルコーブの前で生地をこねてます。

そら〆にはピザ頼むしかないよなぁ、ということで

IMG_9569.jpg

この日のオススメのゴルゴンゾーラのクリームグラタンピザ。
ゴルゴンゾーラベースのクリームは
生地の土手がなければすぐにでも流れ出しそうにとろっとろ。

そして生地の方ももっちもち、もっちもち。
耳たぶくらいの柔らかさってトコです。

ピザというよりカルツォーネの開きだな!
とろとろもちもちピザってのもいいもんですね。
うまうま。

というわけで満足。
基本シンプルな男の手料理的なイタリアンですが
そこら辺がまた心地よいという、得難いお店。

どの駅からも微妙に離れた場所ですが
帰りにちょいと寄り道したくなるタイプのお店ですね~。

IMG_9571.jpg

お店の外の張り紙見たら
ランチタイムにプレートランチが追加されてました。
これはまたお昼も行ってみなけりゃですわ。

公式フェイスブック
参考ページ

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

大口通、金剛商店138番地のメバルアサリ蒸しほか
IMG_0005.jpg

またまた金剛商店で宴会決行。
コース料理方式に変えてからは初めてになります。

とはいえ自分を含め食い意地の張った連中のこと
既定のコースの品数で足りるわけがなく…

まぁいつもの如くかなりの量食い散らかしております。

IMG_9984.jpg

毎回どれを頼んだものやら悩みどころ。
しかし今日は1人じゃないから1つしか選べないわけではないというのが嬉しい。

注文の時点で既に選びきれず
肉2魚2で注文しております。

IMG_9986.jpg

取りあえずはキムチ盛りから。
らっきょうとえごまのキムチ。
久々に食べますがやっぱ美味い。

IMG_9985.jpg

今回ワイン好きの大師兄が来てるので最初からワインで。
カヴァのラ・ロスカ・ブリュット 。
爽やかフルーティで胃がしっかり準備万端に。

IMG_9989.jpg

生野菜、グリル野菜取り混ぜての豚バラ。
相変わらずのタワー盛りでメインが見えません…って当の豚バラ撮り損ねた。
洋風でありながら韓国の甘味噌 を加えた味の具合がイイ!

IMG_9994.jpg

こちらはアカザエビとアスパラ。
海生ザリガニの一種です。
初めて食べましたよ。

ふわふわで身がとろける様な食感
ロブスターもちっちゃいときはこんな感じなんだろうな、みたいな。

そして何気に段差と膨らみのあるカラもソフトシェルクラブの如く頂けます。

IMG_9997.jpg

牛スジソースのオムレツ。
この合わせ技は考え付かなかった!

ゴロゴロ牛スジの入ったトマトソースに
とろんとろんの卵

お互いの中にない個性を取り込み高めていくような
ともあれ美味い。

IMG_9998.jpg

このあと魚が待ってるのでファルネーゼのファンティーニ・トレッビアーノ・ダブルッツォ  
爽やかな白。

まぁワイン詳しくないんで
アニキの選んだのを美味い美味いといいつつ飲むだけですが私。

IMG_0002.jpg

イシモチのポワレ。
身以上にパリッと香ばしく焼けた皮がたまらんですなぁ。
下町商店街仕入れの魚だって調理のし様でこうハイカラで美味い料理になるわけですよ。

IMG_0007.jpg

メバルアサリ蒸し。
メバルの蒸し物なんて、割烹料理店で扱うような和惣菜と思いがちなところ
アサリと組み合わせ
さらにブラックオリーブやケパー、ローズマリーと併せるセンス。

身が美味いけどそれ以上にソースが絶品です。
グリル野菜に吸わせて残さず頂きました。

IMG_0011.jpg

トリッパカツレツと言われて
ハチノスのメンチ的なものを想像していましたが
このサイズで丸ごと揚げてるんだ!

タブリエドサプールと呼ばれるリヨンの料理。
…訳すと工兵の前掛けと呼ばれるハチノスのパン粉揚げです。

って初めて知りましたが、こんな洒落たもんが大口で頂けるとは!
グンちゃんの引き出しの底が知れませんわ。

IMG_0013.jpg

そして牛ザブトングリル。
肩ロースのあばら骨側。

分かり易く言うと特上ロース。

IMG_0015.jpg

きめ細かい部位を外はしっかり、中はとろける赤身
上等な肉でリッチな気分ですよ。

散々美味いもの食べて来たけど肉を待ってたんだよ肉
今再び満たされた気分。

IMG_0018.jpg

肉攻勢には赤
コモロコというちょっとクセのある赤。
むおっと熟成感がくる渋みのある味。

このぐるぐる巻きの鳥はキツツキなんだそうです。

IMG_0021.jpg

パスタはアサリと春キャベツとふきのとう。
春の味覚が実に美味いです。
キャベツの甘みにふきのとうの苦味。

この苦味がすっっっごくいいアクセント。
これリピートしたいわぁ。

苦みって生物的には危険信号の味覚のはずなのに
何故春の兆しの味と感じて、しかも美味いと思うのか

人間って不思議。

IMG_0022.jpg

〆の後だというのに肉を追加してる不作法モノの我ら。
赤もまだ残ってるし丁度いい、とビーフバーグ注文。
アウトロー振りを如何なく発揮してます。

これだけ大胆かつ繊細で粋な料理味わった後で
わーい、ハンバーグー!とか歓声あげてるお前らは小学生か。

IMG_0024.jpg

でも美味いんだもの。
よその他のハンバーグと違って
パテ・ド・カンパーニュにも似た心地いいねっとり感の加わった食感。
レバーとかのいろんな部位も使ってるのかな。

コクの奥深さが加わって
これは赤の似合うオトナのハンバーグです。

IMG_9987.jpg

つーわけでしっかり食った飲んだ。
心地よいほろ酔い加減で大口駅までアニキらを見送り。

一人飲みも十分楽しいわけですが
気の合う仲間内で素晴らしい料理の数々を味わうのも格別ですね。
楽しい宴会でした。

参考ページ

そして写真の通り個人的には朗報。
4月から火曜も営業することになりました。

これで滑り込めるチャンスが増える!

アニキもお休みはだいたい月火な為
今までなかなか訪れることが出来なかったけど
これで行けるチャンスが増えると喜んでました。

その分ラストオーダー9時半、10時半閉店、と
1時間終業時間が早まることになるそうですが

どのみちそんな遅くに出かけることのない身としては
4月からの営業形態が待ち遠しいです。

テーマ:ダイニングバー - ジャンル:グルメ

関内(常磐町)、ハルマンのローストラム丼
IMG_9474.jpg

ベイスターズ通りから一本脇に入ったところに
昨年11月にオープンしていたみたい、フレンチ肉バルなんて触れ込みのお店。

お店の存在に気がついたのはひと月前。
昼を食べ終わったあとのハラごなしに散歩してたらランチをやっているのに気がつき
ローストラム丼と書かれた文字を見つけて更に驚愕。

何でオレはもう昼食った後なんだーーー!と最大に後悔しました。

次の機会にと思ったものの、こちら日曜はお休みなんですよね。
2月中、土曜は休めないか用事があったりで
結局まるひと月経っての雪辱!

IMG_9469.jpg

メニューを眺めてはみるものの既にハラは決まっております。
ラム大盛り決定!

おや、別料金でレフォールが添えられるのか。
レフォール、つまりホースラディッシュのこと。

ローストビーフには付き物ですが、ラムには必要…ないかな。

IMG_9470.jpg

テーブルにはお好みで肉につけるスパイスが常備されています。
肉の味わいを邪魔しない程度の抑え目の香味。

IMG_9471.jpg

コンソメ系のスープが予想外に美味しい。
肉料理のお店だけにブイヨンをしっかり作ってるのと
あとスパイスの効きがいい感じで、よそのコンソメスープと一線を画してます。

IMG_9473.jpg

きたきた来ました。
Lサイズだけにお肉山盛り。

しかしそれだけでなく、何気にカボチャやしいたけやダイコンやらの
グリル野菜がいくつかあしらってあってこれが丼に更に彩りと味を添えております。
いいなこれ!

IMG_9479.jpg

肉ももちろんイイ!
不足なく味わえるだけの十分な量。
一枚めくってはまだ下に肉があるのが幸せ。

ご飯にしっかりタレが馴染んでますが
ご飯とタレだけでも十分に美味しいながら
肉の味を邪魔しない適度なバランスでいい具合。

IMG_9480.jpg

黄身つぶした後なんでちょっと見栄えが悪くてすみません。
ロースト加減も丁度良く柔らかくて口の中でとろけるよう。

一見ビーフのような仕上がりですが
食べていくとやはり味はしっかりラム。

この調理ならビーフもきっとおいしいと思いますが
個人的には断然ラム!

日曜はやってないから
たまの機会に食べに来るとしたら、やっぱりラム食べたいですもの。

IMG_9468.jpg

当然夜の営業も気になるところなんですが
黒毛和牛一匹丸ごと買い取って調理しているそうで
各部位をグラム単位で注文できるらしいです。

参考ページ

んが…ネット上のメニューのても羊の文字は煮込みに1つあるだけ。
…ローストは昼だけなの?

あるんなら夜来てもいいんですが
…どうなんだろう?

テーマ:羊(ラム・マトン)料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、ステーキハウスTERAのローストビーフ丼
IMG_9310.jpg

土曜日お仕事の憂鬱を晴らすのはステーキハウスTERAの週末ランチ。

今回はハヤシの代わりにカレーが復活してますが
でも今回はローストビーフ丼を頂いてみることにしました。

IMG_9309.jpg

トレビスの赤の色鮮やかなサラダは
ドレッシングもシンプルにスキッとした酸味。

あ、スープ撮り忘れたけど、前回と同じだしいいか(笑)

IMG_9311.jpg

ローストビーフの方も負けじと色鮮やかな赤身。

真ん中に落とした黄身は店長手ずから割った殻の
左右に移して移して白身を丁寧に落としたもの。

箸入れても流れ出さない濃厚さ。

IMG_9312.jpg

こちらのローストビーフは生ハムをカットする電動スライサーで薄切りしたもの。
おかげでか、こんな薄いに切り口の鮮やかなローストビーフって他にないよね(笑)

薄いだけに量少なくもあるんだけど、でもいい肉です。
ローストビーフなのにハモンセラーノのようでもあり
同時にすき焼き用の肉のようでもあります。

濃いめの特製ダレとネギとゴマの風味で
味は一気に和風。

公式フェイスブック
参考ページ

ちょっと不思議だけど美味い肉のローストビーフ丼。
他のお店とはちょっと違う、こちらならではのオンリーワンです。

テーマ:牛肉料理 - ジャンル:グルメ

太田町、グルメグラタンYOKOHAMAの京豆腐と肉そぼろと九条ネギのグラタン
IMG_9158.jpg

グラタンとタルトタタンのお店、ヌーベルバーグKYOTO ラ YOKOHAMA
京都のお店の支店として入ってきたのですが、開店1年経ずして改装に…
年明けて1月末に店名を変えてのオープンとなったところで
また伺わせて頂きました。

IMG_9153.jpg

レイアウトを変更して外から見えた調理場は奥に後退。
店内に明るい光が入って来やすくなり、外からも見えやすくなりました。

前は客席半々、調理場半々、L字型の奥がまた客席、ってレイアウトでした。

しかしこちら、ヌーベルバーグの前のキングキャンディ時代は
入って左側が調理場だったような…。

水回りガンガン変えまくりですね。

IMG_9148.jpg

ランチメニューはほぼ変更なし
サラダ付のセットの上に前菜プラスしたセットがあったので
今回もそちらを選択。

ドレッシングはトマト入りとパクチー入りの2種を出してくれました。
ちょっとした前菜バイキング的なガッツリ盛りですね。

キャロットラペに、ローストビーフに

IMG_9152.jpg

もやし、マッシュルームとオーツ麦かな?
豆腐のとろみ和えっぽいものにテリーヌ、パテ。

盛りの美しさのバランスは欠くものの
肉野菜が健康的に満遍なく頂ける
ちょいと健康的な趣きのあるプレートです。

カウンターのショーケースから素材を出して盛り合わせてるあたり
デリ販売店っぽいな…と思ったら
デリの販売もする営業形態に変わったみたいです。

よく見たら脇に弁当用の容器も山積みになってます。
これは近隣のOL喜びそうな内容。

IMG_9161.jpg

パンとライスの2択のうちライスの方は雑穀米。
コンセプトが非常に明快です。

実際女性客多めでしたよ。

IMG_9159.jpg

日替わりのパスタはミートソース
プレートはサーモンのムニエル
グラタンはトマトチーズか京豆腐と肉そぼろと九条ネギ
ということで豆腐のグラタンの方を選びました。

これが肉、豆腐だけでなく、チーズもモッツァレラらしきもちもちしたのがたっぷり。
ボリュームも味もかなりパワーアップしてますよ。

大抵のグラタンってチーズケチッてるから
分けて食べる時どうにか最後まで満遍なくチーズが行き渡る様
ちびりちびり食べ進めなきゃなんないんだけど

これは表面だけでなく中心にもチーズたっぷり
もちろん肉もたっぷりなんで
逆にケチりながら食べてたら大量に余るという。

木目細かな豆腐と九条ネギとのハーモニーも良し。
グラタン…かくあるべし、という
美味くて満足感のある内容でした。

流石グラタン専門店と名乗るようになっただけのことはあります。

IMG_9162.jpg

カップソーサーや店内にもヌーベルバーグ、Nouvelle Vague Kyoto
の文字は残されています。

ポイントカードの引継ぎも出来ました。

IMG_9163.jpg

お店のコンセプトがわかりやすく明確になったことで
お客も入りやすくなったんじゃないかなという気がします。

何よりグラタン食べたい時はここ、と自分の中にもキッチリ刷り込まれました。
寒い日には一層美味しいですよ。

公式ページ
ホットペッパー店舗ページ

あえて夏の暑い盛りにもグラタン食べに来たこともありましたが
夏は夏で美味しい味もあるんですよね。
…と、言っても、あんまし理解示してくれる人はいなさそうな気もしますが。

IMG_9145.jpg

帰り際にぼんふぁむの前を通りかかったらこんな張り紙が。

新たな店が生まれていく一方で
長い歴史をもつお店がまた一つ役目を終えようとしています。

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR