オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
鶴屋町、アムラパーリーの牡蠣ドライカレー
IMG_9963.jpg

京急鶴見裏手の路地でひっそりと営業している
インドの巨匠シェフのお店アムラパーリー

一度ランチに伺って、結構美味しかったので
グランドメニューにある牡蠣のカレーを季節になったら食べようと思ってたんですよね。

すっかり忘れかけていたのですが
某ログ見てたら横浜駅近辺に支店が出来たとのこと!

場所は横浜駅西口からヨドバシの先の方まで歩いて
環状1号を少し西に向かったあたり。

前は他のインド・ネパール系のお店があったような記憶があります。

IMG_9950B.jpg

テーブル2席だけで
テイクアウトメインなのかな?

と、思ったら、2階席もあることに後で気が付きました。

わりと若いインド人のにーちゃん2人でお店をまわしてます。
配達もやってるっぽい。

IMG_9948.jpg

メニューは基本的に本店と同じです。
野菜カレーにドライカレー式のジャルフレジとか
マトンは北インドやパキスタンのスタンダード、ローガン・ジョッシュがあります。

IMG_9949.jpg

ビリヤニがあるしロティやパロタも。
更にじゃがいも入りのクルチャや、マトンキーマナンなんてのもあります。
本店よりメニュー多いじゃん!

IMG_9952.jpg

パパドだけでなくラッシーも付けてくれるなんて気前いいな。
どうやら1500円以上注文するとワンドリンクサービスっぽいですよ?

IMG_9953.jpg

本店同様にキムチみたいなダイコンのアチャールがテーブルに常備してあるので
そちらをパパドに乗せて頂いてみました。

この組み合わせはなかなかナイスだ。

IMG_9959.jpg

最初に注文したは…これ何ティッカだっけ?
メニュー撮り忘れて名前失念。

これも本店にはない特別料理。

IMG_9960.jpg

チキンの中にラムの挽肉とチーズが入っているという
ちょっと面白いタンドリー料理です。

一皿で2度美味しい焼き物。
ミントチャトニをつけて頂くと一層美味いですね。

IMG_9964.jpg

日本米を使ったサフランライスが350円なのに対して
ジーラライスが400円とオトクだったので
カレーそちらで頂こうと目論み。

牡蠣スープカレーでなく牡蠣ドライカレーと合わせてみたのですが。

IMG_9965.jpg

ちょ……何この山盛りっぷり!
どう考えてもライス2人前です、ありがとうございました。

そのまま炊いても美味しいバスマティライスを
クミンでテンパリングしたのがジーラライス。
汁気を飛ばしたカレーには一層合うんです。

しかし…食べ切れるかちょっと不安になってきたぞ(笑)

IMG_9966.jpg

ゴロゴロの牡蠣の身入りのやや汁気少なめのカレー。
刻んだピーマンやパプリカのシャクッとした食感もいいアクセントです。

IMG_9970.jpg

米なのにしらすのようなポロポロの米は
クミンの香りの出たオイルを加えて一層香り高く

そこに刻み野菜の混じるスパイシーかつクリーミーなカレー
めちゃめちゃ美味しいです。

IMG_9971.jpg

そして海のミルクの名の通りミルキーな牡蠣の身が加わって
もう最高です!

元々汁気少ないこともあって
ご飯とカレーのグレービーを徹底的にかき混ぜるとほぼ牡蠣ビリヤニ状態。

そんな楽しみ方も出来ます。

IMG_9947.jpg

幸せいっぱいハラいっぱい。
でもちょっとご飯多すぎたな。

ご飯は二人で一皿くらいで十分なんじゃないかと思いました。

参考ページ

横浜駅から約1キロメートルくらいの距離とはいえ
忘れかけていた自分のためにお店の方が向こうから来てくれた感。

しあわせとはこういうことを言うのかもしれない。

…お安いですかね?
でも嬉しいからいいのです。

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

山下町、ナクシャトラのマサラドーサ
IMG_8693_201712162203459b8.jpg

中華街の外れ、ロイヤルホールヨコハマの向かい、麺恋亭の2階にある
インド料理店のナクシャトラ

横浜界隈ではまだ珍しい、南インド料理を得意とするお店で
ランチからドーサやウタパム、ワダが頂けるお店とあって
新たに自分のお気に入りリストに加わってます。

IMG_8691.jpg

食べてみたいものは山とあり
今回は何にするか悩ましいところ
まぁ、サラダ来てる時点ですでにハラは決まってるんですけどね

IMG_8695_2017121622034752b.jpg

というわけでマサラドーサです。
細長いからカメラのフレームに収めるのが難しいったら。

米粉で作った南インドのクレープ。
タワというインドの鉄板焼き調理器具に
米粉をハケでぐるーーっと円を描いて

それを焼いてインドのマッシュポテトをのせて丸めたもの。

IMG_8696.jpg

こちらも前回同様バターみたいなココナッツチャトニと
酸味とスパイスの風味豊かなラッサムがついてきます。

IMG_8698.jpg

こちらのドーサは薄焼き仕様。
簡単にちぎれてパリパリのおこげみたいな生地が口の中でやわらかく溶けていく。
カレーリーフ香るマッシュポテトの載っている部分は湿気でとろとろ

やっぱり焼きたてほやほやのドーサは美味いなぁ。

西横浜にあったドーサハウスでは
ラッサムにしっかり浸して食べるのが美味いんだよ、なんて
インド人シェフに言われたものですが

個人的にはホカホカパリパリのを頂くのが一番だと思います。

IMG_8699_20171216220351ba4.jpg

前回同様にタミル人のシェフが目の前で
チャイをエアブレンドしてくれました。

写真撮りたかったけど、お隣に他のお客さん来ちゃってたから
今回は遠慮。

フランス人の親子がシェフの手さばきに見入ってました。

オーナーとは英語で
「インドは行ったことありますか」
「グジャラートにいったことあるよ」
みたいなやり取りをしてました……たぶん!

公式ページ
参考ページ

フランス人の旦那さんの食べてたビリヤニも美味しそうだったし
オーナーに出来を聞かれて「ベリーーーグッド!」とか答えてたし

次はビリヤニ頼んでみるかな。

メニュー上では北インド枠になってるけど、基本ビリヤニって南だよね?
米って温かい南方の食物だし。

え?
日本では美味しい米は東北産じゃないかって?

アレは寒い地方でも出来るように
長年かけて日本人が魔改造した産物なんですよ。
現代日本時にはそれが当たり前になっちゃってますけどね。

テーマ:南インド料理 - ジャンル:グルメ

川崎(小川町)、スパイスクラフトのスペシャルカレーセット
IMG_9198.jpg

さて、また三が日時のストックです。

正月は外食するにもお店開いてないのが悩みどころです。

世の中もっとお休みとっていいとは思うんだけど
でも休日を楽しく過ごすためには開いていて欲しい…ジレンマですね。

チネチッタ併設のお店なら開いてるだろう、というアタリつけて出かけました。
うん、あいてるあいてる、スパイスクラフト

IMG_9193.jpg

いつもなら迷わずミールズにするところですが
アロック閉店後に加わった通常カレーランチ群が
アロックの流れを汲んでいるものかどうか、それが気になったのであえてそちらを!

ぶっちゃけタンドリーチキンが同じものであるかどうかが大事なんですよ。

IMG_9195.jpg

セットのサラダと、ドリンクはラッシーを。
こちらはセットのホットドリンクはチャイでなくコーヒーなので
個人的にはラッシー一択。

シナモンが効いているだけでなく
甘さが黒糖ベースなのがまたイイ。

IMG_9199.jpg

ナンが縦に長いだけでなく、幅もでけえ!
皿から完全にはみ出してしまってます。

このお皿とレイアウトは完全にアロックと同じもの!

IMG_9201.jpg

それだけに余計チキンティッカのサイズの小ささがはっきりしちゃってるなぁ。

インドの焼きものらしい香ばしさと程よい辛さで美味いですが
しかしこれはアロックのと味が違う。

グリーンチリの効いたタンドリーチキン、めちゃめちゃ美味しかっただけに
そこが残念です。
彼のシェフや今何処?

IMG_9203.jpg

マトンカレー自体はアロックのものとほぼ同じっぽいです。
肉の旨味を十分に活かした、グレイビィィな味わい。

そこらの量産型インネパ店とは一線を画した出来です。

IMG_9202.jpg

そして料理が出てきたときからちょっと気になったんです。
マトンともう一つはフィッシュ頼んだのですが
カレーの香りの中に見え隠れするかつおぶしっぽい香り。

しかしスリランカのモルジブフィッシュの香りとも違う
いや、かつおぶしというか、むしろ、焼きガツオみたいな?

頭を使わないフィッシュカレーの場合、大抵はマグロを使うのですが
これひょっとしてカツオ?

カレー味で煮込んじゃうと確信もって言えないんだけど
ツナでなくカツオっぽい気がします。

カレーリーフにマスタードシードの効いた南インドならではのクセのある味わいがまた良し。
これもなかなかお目にかかれない味ですよ。

マトンが大好きな私ですが
今回に限ってはフィッシュに軍配が上がりました。

美味しかった~。

ラ・チッタデッラ店舗ページ
参考ページ

モティマハール仕込みのタンドリーチキンが頂けないのは残念ですが
それでもやっぱり美味いスパイスクラフト。

でも北より南の得意なお店なので
次はまたミールズでバスマティライスとチャパティでカレーを楽しむかな。

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

山下町、ナクシャトラのレモンライスセット
IMG_9222.jpg

中華街の外れ、ロイヤルホールヨコハマ向かいの2階にある
横浜にはまだ珍しい南インド料理の得意なお店、ナクシャトラ

三が日中にお昼を食べに行ってきました。

IMG_9221.jpg

平日扱いなのでメニューにビリヤニとウタッポンはナシ
ということでレモンライス注文。
サラダ食べつつ待ち。

IMG_9229.jpg

レモンライスにサンバル、ワダ、ココナッツチャトニのセットになります。

基本レモンライスって単品で食べるモンじゃないんですよね。
大抵はカレーと併せて食べるのですが
サンバルあるし、そのへんはどうとでも。

IMG_9226.jpg

ワダは米粉と豆粉のドーナッツ的なもの。

サクッと軽く揚がった表面が香ばしく
その中は他のお店と比べても軽めの仕上がり。

ほぼ、がんもどきだなぁ、という
すごく軽い仕上がりなので食欲ない時でも軽く頂けそう。

そのままでも美味しいし、サンバルつけたりチャトニつけたりしても美味し。

サンバルがまた丁度いいい酸味と辛みの優しいスープカレーで
蕩けた野菜の旨味を感じられます。

IMG_9225.jpg

ぱっと見た目は具材なしのビリヤニ。
思ったほどレモンレモンした風味ではありません。

軽いレモンの酸味に、カレーリーフやマスタードシードの刺激も軽め。
カリッカリのひよこ豆が入っていて、その食感もイイ。

そのまま食べてもまぁ美味しいけど
味自体は軽めなので、サンバルをかけるとなお美味し。

カレーライスやビリヤニの充足感とはまた違った方向性で
素朴だけど洗練された感じが良いです。

IMG_9230.jpg

ニューイヤーサービスということでデザート頂きました。
セモリナ粉のプディングだと思います。

甘すぎるのを警戒しましたがそこまでではありません。
シナモン等のスパイスにドライフルーツやナッツの加わったういろう、的なものでした。

よそで食べたものはもっと粉っぽい感じだったのですが
これはよく練ってあって、甘さもいい塩梅で美味しかったです。

丁度インドでなくインドネシア人の団体さんが入ってきて
シェフの手が空かなかったので、チャイのブレンドはセルフ。

手の皮が薄いのであちあち言いながら
器と器の間を1センチも離さずの入れ替えでしたが、まあまあうまく混ぜられて
ちょうどいい熱さで頂けました。

公式ページ
参考ページ

テーマ:南インド料理 - ジャンル:グルメ

能見台、ガネーシュのオイスターマサラ4たび
IMG_8760.jpg

牡蠣の季節となったらコイツを食わぬわけにはいかん、ということで

今年も能見台の南インド料理屋、ガネーシュ
年内営業終了間際にオイスターマサラを食べに行きました。

IMG_8757.jpg

前菜代わりにアルマター
あるいはアルマタールと表記されることもあります

じゃがいもとグリーンピースの炒め物です。
辛さは比較的抑えめ、ぽくぽくアツアツのじゃがいもを先に頂きつつ
牡蠣を迎え入れる準備は万端!

IMG_8764.jpg

牡蠣の数は今年も7つ。
一つだけ小粒でしたが、それ以外は拝むだけでうれしくなっちゃう大粒牡蠣。

今年は和のテイスト比較的抑えめに
ローリエ大きめ、小さめのカルダモンの数が倍
唐辛子は2つ、と刺激のあるスパイス多め

でも刻みオニオンとトマトはそれに対応するに相応しい甘さを加えてます。 

IMG_8766.jpg

例年、レモンは全体に絞って頂いてましたが
一粒一粒牡蠣を食べる際に、軽く絞って頂くと
一層牡蠣の美味さが引き立つことに気づきました。

おう、もっと早くに気が付くべきでした。

ともあれ、相変わらずキリリとしつつも優しさのあるカレーに
口当たりぷるんぷるんでミルキーな牡蠣の美味さのハーモニー。

やっぱり最高です。

公式ページ
参考ページ

牡蠣の季節ってもーちょい早くからなんだけど
毎年思い出せるのは年末になってからなんだよなぁ。

来年はリマインダー用意しとくか。

ちなみに年明けは6日から営業だそうです。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR