オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
長者町、龍鳳のカキと豆腐のうま煮
IMG_9633_20180127090142a8f.jpg

寒い中長者町は七丁目交差点あたりまでてくてく
ホントは新規開拓の予定があったのですが、龍鳳の目の前を通りかかると

ランチの看板にカキと豆腐のうま煮、豚肉とキャベツのみそ炒め
マーボ豆腐定食、の文字が踊っていました。

カキ!
前の日の夜食べたばかりですが
好きなものは重ねてもOK!

ランチで見かけたこの稀有な機会を逃してはならじ、と階段を上って2階へ。

IMG_9628.jpg

いつもの通り高年齢層のリーマン客を中心に賑わっている店内。
ほとんどの人が注文しているのはラーメン、あるいは回鍋肉。

折角の牡蠣なのに…好評ならまた出る機会増えるのに、とは思いつつもしゃーない。

それにしても、相変わらず壁メニューのそそることよ。

芹のスープにシジミの酒蒸し
…そういえば前ランチで頂いた鶏の酒蒸しは美味しかったなぁ。

ふきのとう包揚なんて、四季の素材を大事にする老舗の中華料理なここならではの料理ですよね。
つちころりさんが悶絶モノの美味さって言ってたよなぁ。

IMG_9630_20180127090139543.jpg

お客さん多めの時は少々待ちますので
前菜で凌ごう。

お、今日は叉焼が乗ってる。

最近は叉焼、温めて食べることが多かったのですが
冷菜として頂いても焼くことで増した旨味が噛みしめるとじゅわっと口の中に。
これはウマい。

下の青菜は高菜…かな?

高菜って芥子と同じ成分を蓄えてるので塩漬けにするケースがおおいのですが
これはそのどちらもなし。
食感自体はほぼ高菜だけど、違うものなのかな?

IMG_9632_2018012709014093b.jpg

きたきた牡蠣!!
即座にかっ込みたくなる気分を抑えつつ
先ずは滋味豊かなスープを軽く頂いて、ほぅっと癒しのひと時。

IMG_9636_20180127090143f87.jpg

具材は揚げ出し豆腐、ネギ、ピーマン、タケノコ、キクラゲ
そして芋はサツマイモとサトイモの2つが入ってます。

味付けは甜面醤を伸ばしてクッキリした甘辛さを抑えた感じのソース。

IMG_9639_20180127090145680.jpg

小ぶりなものとはいえ、牡蠣は大量に入ってますよ。
日の通し加減が良いので、小さくともぷっくりした食感に
牡蠣ならではのミルキーな旨味を十二分に楽しめます。

豆腐やその他の野菜と併せて食べるのも美味しいけど
牡蠣だけ集中的に食べて
その余韻に浸ったのち、豆腐と野菜を味わうのも良し。

公式ページ
参考ページ

ともあれしっかり堪能いたしました。
今年は何処でも小ぶりなモノばかりですが
それでも個人的に出会う機会が多くてアタリ年ではありますね。

春になるまでにもっと美味しい牡蠣が頂けますように!

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

日ノ出町(宮川町)、鴻元食坊のラム肉の漢方クシンほか
IMG_9550.jpg

ウィンズの並びに夏開店した甜甜麻辣烫
しかしたった4か月で別のお店になってしまいました。
早ッッッ!

しかし日本人客をアテにしてないっぽい風の店名は相変わらず。
調べてみると大岡山と不動前にあるお店と同名。
但し双方ともごくごく普通の町中中華的なお店っぽいです。

IMG_9556.jpg

開店してしばらくすると
延辺地方あたりっぽい料理の載った看板が。
麻辣湯続投、それに加えて延辺式の羊串なんかの記載も。

IMG_9539.jpg

甜甜麻辣烫の時と同じ傘の飾りがあります。
店内レイアウトは同じようでいて、微妙に変わってます。

でもフロアのおねーさんの顔には見覚えが。
オーナーが変わって店名変更、とかなのかな?

IMG_9528.jpg

でもメニューの内容は完全に一新されてます。

羊串は麻辣湯用の冷蔵庫に保管されており
注文受けるとおねーさんor料理人が取りに来ます。

IMG_9529.jpg

麻辣湯だけでなくステンレス鍋に入った煮込み料理が増えてます。

IMG_9531.jpg

白菜の漬物を炒めた料理とか
鶏肉とカシューナッツ炒めのカシューナッツの代わりにエリンギの揚げ物が入ってる料理とか
豚肉の香り揚げソース掛けとか
微妙にスタンダードを外した料理が気になります。

あとモンゴル風骨付きラム……いいなぁ。
さすがに一人じゃ注文できないけど。

IMG_9533_20180124202245b91.jpg

カイコの揚げ物なんかもありますよ!
…昆虫は好んで食べたいとは思わないけど…。

IMG_9544.jpg

取りあえず生中のお供に豚ハツ和え。

気持ち堅めの調理
薄切りにしてネギとラー油で和えたものです。
ピリ辛でビールが進みます。

IMG_9549.jpg

更に辛いもの追加。
ラム肉の漢方クシン。
クシンじゃなくてクミンですね。
ラムのクミン炒め。

延辺地方の七味っぽいスパイスとクミンを併せたピリ辛炒め。
独特の辛さに羊の脂の甘さ、ネギ、ニンニクの芽との相性は抜群。

食べてると頭頂部から汗がじんわりじんわり。
だけどハシの止め時がわからない一品。

IMG_9552.jpg

辛さ緩和に頼んだお供はジンジャーハイボール。
元からあたりの柔らかいジムビームにジンジャーエールの辛さと甘みが丁度いい。

ただし、ドリンクサーバー入りのカナダドライ足しただけのシロモノですけどね。

IMG_9554.jpg

スープを注文するつもりでいたのですが
無性に米が欲しくなってしまったので変更。

キムチチャーハン頼んで、羊やら豚ガツをおかずにかっ込みました。
使ってるキムチは辛さも酸味もかなり薄めなのがちょっぴり残念。

おかかでんぶのような甘さを感じるチャーハンでした。

IMG_9526_20180124202240e1a.jpg

甜甜麻辣烫の時ほどではありませんが
そこそこリーズナブルな値段の品とハーフサイズで食い繋げる
使いやすいお店ですね。

ついでに、甜甜麻辣烫に比べると大分緩和はされましたが
科調はちょっぴり使ってるみたいです。

参考ページ

在日中国人のお客がちょいと減ったのは
科調控えめな調理になっちゃったからなのかも?

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

弥生町、牛肉拉麺 王記の海鮮ラーメン
IMG_8879.jpg

蘭州式の手延麺と独特なスープが美味い王記
ゆるやかにメニューの制覇をすべく通っております。

メニュー見たらあまりに安すぎる100~200円の小皿は消えている模様。
あれは開店サービスだったと考えるのが妥当なのかな。

取りあえず今日は海鮮ラーメンに。

IMG_8880.jpg

海鮮とはいうけど、エビが3尾ある以外はほぼタンメン的な
いつものスープをベースにエビ野菜炒めをざっと汁麺にあけたタイプです。

多少の濁りはあるけどこれは黄金スープ的な色合いです。

頂いてみると、これが美味い。
大衆中華のお店にありがちなタンメンとそうは変わらないはずなのですが

ベースの薬膳的なスープが味を〆ているおかげで
一歩も二歩も飛び抜けた美味さになっています。

IMG_8881.jpg

そして麺も前回より明らかに美味くなってます。
捏ね加減なのか茹で加減なのか
麺がむちむちシコシコの上質な出来。

注文受けてから捏ねはじめる麺だからこその
不均一な噛み応えに喉越し
そこに日本人好みのコシが加わってもう言うことなしです。

参考ページ

それだけにアレだ
ラグマン作ってくれないかな。
絶対美味しいに違いないんだけどな。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

福富町仲通、喜楽軒の海蠣燜鍋ほか
IMG_9608.jpg

週明けてまた似たようなメンツで忘年会。

土壇場で人数増えそうだし
また福富町の四川福建東北、なんでもござれな
在日中国人御用達の喜楽軒に行くかー、ということで三々五々集合。

IMG_9597_20180125224150efe.jpg

おや、前回来た時にはなかった羊鍋類が追加されてますよ。

これは是非とも行きたいところですが…今回はメンツの半分が
海老が食べたい食べたい、ということでそちらにシフト。

IMG_9601.jpg

先ずはエビの辛味煮込みこと香辣虾
煮込みというよりは汁気多めな炒めもの。

むき海老にエリンギにキュウリにネギに唐辛子とパクチー
唐辛子の香り強く、辣醤のピリッとした辛さの効いた四川の一品。

これはもうビール進みますわマジ。
ヒゲもそのまんまパリッと素揚がりしてるので気をつけないと刺すけど(笑)
でも香ばし辛し美味し。

IMG_9603.jpg

エビにエビが被ったとか気にしない、お次は海老の山椒漬け
漬けと書かれてるけど漬け込んだわけでなく
本来の料理名は椒盐虾
つまり塩と山椒をまぶした揚げ物です。

これは福建料理枠でいいのかな?
揚げ立てに山椒が効いて実に香ばしく
これは先ほどの料理以上にビールが合う。

頭ごと揚げてるので味噌も美味いし
ともかくカラッと軽く揚がったエビに勝る御馳走はないな、とそんな一品です。

IMG_9607_20180125230051eaf.jpg

と思ってたらそれを上回る料理が来ちゃいました。

この際だから牡蠣を、ということでカキの燜鍋と書かれた料理
当然字面からして辛いものと思ってたのですが

おねーさん曰く「ちょっと甘いけど大丈夫ですか?」と

コンロの上にかけられた時は、上にカレーのような
味噌のような正体不明のルーが載っていたのですが

IMG_9609_20180125224156acb.jpg

おねーさん混ぜる混ぜる。
なんとなく広島の居酒屋の土手鍋を思わせるような仕上がりに。

味噌のようだけど、でもこの独特の香ばしい発酵臭は…
腐乳か??

色の濃い気持ち甘めな味。
これは腐乳と味噌を混ぜたものなのかなぁ。

IMG_9612_201801252241574b0.jpg

しかしもう香りが素晴らしい。
牡蠣特有のミルキーな香りがしっかりするところに
腐乳の香りが加わってもう最高。

食べたら当然美味い!!!
この料理チョイスした自分、殊勲賞モンだな!

福建ならではか、煮込みにレンコンとカリフラワーが加わるんですよね。
この辺の組み合わせがまた美味いこと。

独特な味わいではありますが
これ絶対日本人の好みに合うと思います。

当然のようにご飯頼んで鍋の中に投入して頂きましたよ。

IMG_9618_201801252241598e1.jpg

〆の炭水化物
タロイモとビーフン煮込み。
福清海鮮芋头煮大米粉。

ん?タロイモは何処に?
と思ったら、このビーフン、米だけじゃなくてタロイモ混ぜて作った麺なんじゃ?

太めビーフンにしては粘度が低い気がするのは芋混じり由来なのか果たして?
ともあれぽっそりした食感に酸筍の香りの効いた海鮮スープが美味い。

味付け自体は比較的薄めですが
牡蠣にベビーホタテにサザエ?にエビの旨味
キャベツと白菜と青菜の甘さが効いてて素朴に美味し。

IMG_9619_201801252242004d2.jpg

そして福建風海鮮飯、中国語だと福清海鮮菜飯。
福清は福建省の南東部にある半島を含む市です。

しかし福建炒飯という名前ではないんですね。
リゾットと炒飯の中間のようなご飯。

こちらも先ほど同様に牡蠣、ベビーホタテ、サザエらしき貝にエビ入り
海苔が入ってるのが特徴。

そしてキャベツを結構大量に入れてるのですが
このシャッキリキャベツの甘みにとろけた海苔が合わさるとめちゃめちゃ美味い。

海鮮に野菜に炭水化物をバランスよく頂ける健康食と言えましょう。
とはいいつつ結構食べ過ぎてみんなハラ一杯なんだけどさ!

さっきまで食べてた鍋の味噌やら香辣やネギ山椒やらをいくつかストックしておいて
それを加えるのもまた美味しいんです。

食べ終わったように見えてもお皿下げるの待ってね~、と
死守した成果というもの。

いやー、しかしマジどれも美味かったです。

在日中国人の女性4人組が奥で我々もビックリするくらいの量頼んでたのですが
あっとゆーまに平らげてました。
パワフルだなぁ。

生まれの地方が違っても各々の故郷の味が楽しめるお店として重宝してるんだなぁ、と思います。

参考ページ

しかし最後に謎がもう一つ。

「ここの料理人、イタリア人に見えるんだけど」
「何おっしゃってやがるんだね?
そんなワケが………え!!!!」

恰幅の良いシェフ、どう見ても漢民族の顔つきじゃありません。
中東方面の血が入ってるような…トルコ人でも通りそうです。

新疆と福建のハーフとか?
うーーん、マジでどちらの出身の方なんでしょう?

だけどでも彼の作る中華は天下一品です。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

中華街、南粤美食の丸鶏の塩蒸しほか
IMG_9418.jpg

年が明けたら南粤美食で宴会したいね~なんて言ってたのですが
向こうの都合が悪くなったりこっちの都合が悪くなったり、で流れ流れ

1月も終盤に差し掛かろうという時期になってようやく突発宴会果たせり。

なんと年が明けてから初のアルコール摂取だったりします。
風邪ひいて寝込んでたりしたしさー。

そんなわけで
料理の交渉を前もってする余裕もなかったので
いつもの美味いモンを出たこと勝負で!

丸鶏の塩蒸しはゲストのお土産も兼ねてたので1匹まるまる。
なかなか壮観です。

今回はやや塩気強めだけど
ぷりぷりの皮にしっかりした身。

そして骨周りの身のしたたる脂がビールを吸い込む吸い込む。

IMG_9419.jpg

ねっとりしたピータンも美味し。
これ、少し残しておいて後の豆苗に併せるとよかったんじゃないかと今思い至りしました。

IMG_9420.jpg

しっかり味の沁みてる叉焼。
しかしこれが別の意味で前菜でしかないというオーダーをしてしまったのです。

IMG_9422.jpg

鴨は煮込みと焼き、どっちを頼む?
どっちも美味しいからこの際両方!

ハーフでも多いから1/4ずつ頼めないかという話をしてたのですが
どう見てもハーフです、ありがとうございました。

ルースイ…つまるところスパイス醤油に漬け込み煮込んだ鴨肉は
噛みしめると旨味汁が口の中に溢れます。

IMG_9424_20180119225412945.jpg

焼きは焼きですっかり表面に照りついた味がたまりません。
脂の旨味も一段と上回ってる気がします。

IMG_9425.jpg

冬来たら干し肉と野菜の炒め物は外せないよね、ということで
今回の野菜はカイランです。

ほうれん草とブロッコリーとアスパラのいいとこどりのような大陸の野菜。
しかし相変わらず火加減が絶妙ですね。

味がしっっっかりのってるのに
この茎のシャッキリ加減といったら!

アルコールと水飴の旨味のある腸詰と
噛みしめると味がどんどん増す干し豚の脂

ゴローちゃん風に言うなら、この干し肉…ずっと噛みしめていたい。

IMG_9427_20180119225414568.jpg

ここまで肉肉肉で押してきたので
箸休めにキュウリのニンニク和え。

ニンニクは効いてるけど、口の中がさっぱりしますな。

IMG_9428.jpg

そして豆苗のニンニク炒め。
こんなシンプルな一品でも十分すぎるくらい美味いのが南粤です。

IMG_9432_201801192254194e2.jpg

そしてトドメにやっぱり腸詰めと干し豚バラ肉の釜飯
見て分かる通り、干し豚1本まるまる追加の増量バージョンです。

見返してみると徹底して料理かぶりまくりなオーダーでしたが
今回は干し肉を十二分に味わうオーダーだったということで!

カリカリのおこげご飯と蝋化した豚の脂の相性がイイ。

IMG_9434.jpg

最後に広東式玉子焼きそば
蒸し焼きにした細麺の独特のツルッとした硬さがまた美味いったらありません。

香港から輸入した麺だってこともありますが
このひと手間かかった調理がまたたまらないんですよね。

こういうのがサラッと出ちゃうあたりがここの凄いところの一つです。

参考ページ

次は機会あったらまた事前予約の必要な凝った料理でも頂きたいですね~。
とはいえ、スッと入ってこれだけのものが普段から頂けるのが南粤です。

カウンターの韓物の詰まった瓶にキヌガサダケが追加されてました。
スープと煮込むと美味いんですよね~あれ、食感もいいし。

あとこの日は活きエビ1尾300円なんて手書きメニューにありました。
無脊椎の苦手なメンツが加わってたので注文は出来ませんでしたが
どんな調理法で頼もうか…考えただけでもヨダレもの。

…牡蠣豆腐も近いうち食べに行かなきゃだ。

と、宴会終わって直後から次の皮算用をせざるを得ません!

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR