オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
弥生町、牛肉拉麺 王記の牛肉の四川麻辣炒めほか
IMG_0020.jpg

公園通りにある蘭州拉麺のお店、王記

もう何度か昼に食べに行って手延べ麺の牛肉拉麺が美味しいのはわかってるので
今回は軽くつまめる品で飲むのに使ってみよう、という目論見です。

IMG_0011_201802111659431b1.jpg

生に突き出しのもやしキュウリ和えからスタート。
いかにも中華のお店での飲みらしい取り合わせで良し。

IMG_0013_201802111659448f6.jpg

まずは定番のじゃが芋千切り和え物。
うわ、予想外にボリューム大きめだ。

パクチー乗せの唐辛子酢で和えたシンプルな味。

上海式に塩ダレ味、あるいは四川のピリ辛味の方が好みなので
サラダ的な味わいは初手にビールのお供にするには飽きる量だったかも。

IMG_0016.jpg

揚げ豆腐の鶏スープがけ、とメニューにはありましたが
鶏スープは何処へ?
サクッと軽く揚がった揚げ豆腐をスイートチリソースで頂く料理になってます。

でもこれ、軽い口当たりがすごく美味い。

スイートチリソース味なのでタイ料理かベトナム料理的ではありますが
でもこのさっぱりした揚がり具合は非常にイイ。

IMG_0018_20180211165948fec.jpg

あれ?注文していない焼き餃子が。
サービスだそうです。
嬉しいですね~。

特に何の変哲もない焼き餃子ですが
焼き餃子ってのはそういうのが十分に美味しいものです。

IMG_0019.jpg

そして牛肉の四川麻辣炒め。

〆の一品には軽いボリュームでしたが
実のところジャガイモ、揚げ豆腐、餃子、と

結構ハラに溜まるものが来てるので
逆に丁度良かった(笑)

IMG_0022_201802111659527c3.jpg

漬け汁に軽く重曹入れてるタイプなのかな?
ふわふわに柔らかい牛肉は十分に美味いです。

でも四川というほど辛くはなくて
辣醤に甜面醤っぽい甘さをちょっと感じる味。

辣醤がけの白ネギと合わせると四川の前菜っぽい味になります。

でもやはりちゃんとした値段の一品モノに比べると
満足度はちょっと落ちるかなという気はします。

次からはまた煮込みなどの一品モノをじっくり一緒に頂く方式にしますか。

参考ページ

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

大口通、らーめん紡麦のマーボー麺
IMG_9804.jpg

大口通交差点のちょい先にあるラーメン屋紡麦

端麗系とこってり中華系の二本立てがなんとなく琴線に触れて
また閉店ちょい前くらいのタイミングでの晩飯に伺ってみました。

IMG_9805.jpg

メニューに新たに担々麺も加わってましたが
当初から食べてみようと思っていたマーボー麺にしてみました。

辛さは大中小と選べるというので大で。
うん、大の呼び名に相応しい真っ赤な丼ですよ。

ラー油のギトギト感に、刻み唐辛子ちらちら
食べる前から真っ赤に燃えるぜ!

パック豆腐ひとつまるまる開けちゃうくらいの豆腐の量。
挽肉もけっこうたっぷりしてます。

味の方は…、大だけあって、一口二口めくらいはちょっとむせます。
そのくらいの方が頼もしいってモンです。

辛い辛い。
アツアツで辛いけど、でも美味い。

IMG_9807.jpg

細めの麺に麻婆はどうかなぁ、と思ってたけど予想外に合います。
ツルツルシコシコで軽い口当たりの麺に
カッカと体が暖かくなる辛うまい麻婆入りのスープ。

食べ続けると口の周りがヒリヒリしてきますが
それがギリギリ不快でないレベル。

味付けもしっかりしてるし
ここの麻婆、結構いいですね。

挽肉より先に麺がなくなり
ならばピンで豆腐と併せてスープを、と食べ進めて
あわやスープを飲み干すところまでいきそうに。

公式ツイッター
参考ページ

しっかり堪能させていただきました。

翌日、起床時間の1時間前に目が覚めて
トイレに行きたくなってしまいましたが
それも辛い料理の醍醐味と言えば醍醐味です。

担々麺も食べてみたくなりました。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

浦舟町、壱龍釜の牛肉と豆腐の煮込み
IMG_0255.jpg

平日のランチタイムはいつも混んでるので
また土曜を狙っての壱龍釜のランチ。

IMG_0253_201802171956102a7.jpg

ともあれ何を頂くか…あ、こないだと内容変わってます。

以前晩に伺った時に豆腐の煮込み料理が美味しかったので
麻婆…いや、牛肉との煮込みに。

IMG_0254_20180217195611789.jpg

壺入りのザーサイ、もやし和えを頂きつつ料理が来るのを待ちます。
これちょいと薄味なのが残念だったのですが
少し辛さが強くなってます。
このくらいなら美味しく頂ける。

IMG_0256_20180217195615d49.jpg

フツーっぽいスープもやはりそこらの街中華よりずっと美味いです。
そして牛肉と豆腐の煮込み…色が濃いな!

IMG_0260_20180217195619e62.jpg

豆腐の表面に焼き色がついてます。
これがかなりイイ。
フツーの煮込みより倍増しで美味いですよ。

柔らかく調理された牛肉ももちろん美味いのですが
豆腐の出来が非常にいいです。

炒める前にまず焼いたんですね。
それで結構美味さ倍増するんだ?

IMG_0258_2018021719561650b.jpg

そしてこのソースの美味さも!

基本的には中華の定番の醤油煮込みなわけですが
よそのお店だとベースの醤油が黒砂糖の甘さで結構甘過ぎなのです。

その甘さもそれはそれで美味しいのですが
こちらのは日本の醤油のような独特の塩気があり
甘さと辛さのバランスがパーフェクト!

あまりに美味しすぎたので
ついつい我慢できずにご飯のお替りを頼んでしまいました。

うーん、ハラいっぱいでしやわせ!

IMG_0263_20180217195609547.jpg

デザートはタピオカミルク。
ホントはこちらの杏仁豆腐がめちゃ美味しかったから
そうでないのが残念ではあるのですが

このミルクも結構イケてます。
タピオカは芯があるような作り。

バジルシードではないと思うけど、ちょっと不思議な食感。

公式ページ
参考ページ

そろそろ平日も普通に入れるくらいになってくれるといいんだけどな。
繁盛しているに越したことはないんだけど
入れないとちょっと寂しい。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

中華街、南粤美食のかきと豆腐の土鍋煮込みほか
IMG_0747.jpg

またまた突発宴会敢行、河岸を何処にするか意見を募り合っていたら
南粤美食推しの意見があったので決まり。

ホントは前もって予約して宴会プランを詰めて行きたいという気持ちもありますが
最近なかなかメンツの足並みがそろえられず出たとこ任せになりがちです。

それでも美味しいからいいんだけどね!

IMG_0741_20180309143556464.jpg

叉焼とスペアリブの盛り合わせ。
ブロック肉の噛み応えも、骨周りの脂っ気もどちらも最高です。

でも骨についた薄皮みたいな肉をこそげるのも美味いんだよなぁ、というワタシはビンボー性。

IMG_0744.jpg

干し豚と腸詰と野菜の炒めはカイラン菜で。
相変わらず火の通り具合が絶妙で葉以上に茎が美味しいんですよね、これ。

そして多分何も言わずとも肉増量されてます。
いつも肉増しで頼んでるから気を利かされて…。
その分値も増しだけど、そんなことは些細な事。

だって美味しいものはたらふく頂きたいから!

IMG_0745.jpg

塩蒸し焼き鶏は厨房に残り2羽だったので即1匹確保。
前に食べた時より水分飛び気味でしたが、同時に前より塩気が落ち着いていたので
4人でついつい手を伸ばしてるうちになくなる。

つまり今回も今回で美味いということです。

IMG_0749.jpg

昨年食べ損ねたカキと豆腐の煮込み、ようやくありつけました。

シンプルなとろみ醤油系煮込みですが、比較的肉厚なカキそのものが美味いこと。
ぷっくりした身に適切な火加減で噛むごとに嬉しさが増します。

旨味吸った豆腐もイイ。
風味付け用のショウガのスライスも滅法美味い。

欲を言うならネギを増量して欲しい。
ネギもまた美味いんですよ、これ。
もちろんご飯頼んじゃいました。

IMG_0753.jpg

昼の定食にあった白魚の炒め物や牛肉の辛辣炒めなどが美味しそうだったので
一品モノとして頼もうと思ったのですが残念ながら売り切れ。

代わりに何かないかなと思案していたら
旦那さんが手羽があるよ、手羽美味しいよ、と勧めるのでノッてみました。

手羽がどんな料理になるのかと思ったら辛辣炒め…になるのかな?

豆鼓と山椒と唐辛子をあわせて野菜と炒めたもの。
直に四川風でなく、広東ナイズされた味が非常にイイです。

辛ウマ!
何気にレンコンが美味いんですよこれ。

IMG_0754_20180309143605fbc.jpg

手羽は見た目チキンボーン的な仕立てですが
いや、こんなふっくらした火の通り加減のチキンボーンがあるもんかい!

複雑な辛さの味付けに軽く衣のついた手羽がめっちゃめちゃ美味い。
こんな美味い手羽初めてかもしれん。

いやー、しっかり打合せしての宴会もいいけど
こういう賄い飯寄りの料理もまた白眉ですよ。

IMG_0755.jpg

そして〆は香港海老雲吞麺。

ぷりっぷりの海老たっぷりの雲吞がたまらん。
日本ではコレどうしてもコスト高くなるのですよね。

香港は北角の春秧街にある製麺所から取り寄せた麺はパツッパツで
渡港経験のあるヒトは郷愁の噛み応え。
黄ニラの存在がまたニクイ。

スープは海老の焼殻にカレイや龍眼の干物その他を併せた澄まし味。
乾物使いに慣れた香港ならではの日常の味

香港そのまんまの味が中華街で頂けるのがホント嬉しいです。

IMG_0758.jpg

ご飯増しで頼んだ干豚バラ肉と干し魚の炊き込みご飯。
もちろん肉餅もたっぷり。
じっくり炊いてあるからおこげがことさらに美味いんだよなぁ。

IMG_0759_201803091436091bc.jpg

帰りに気が付きましたが、階段に無造作に伊麺が置いてあります。
あーー、先に気づいてたらこれも頼んだものの…次回の楽しみにしよう。

先日宴会した人のハナシだとこれに蝦子を絡めた蝦子伊麺を頂いたそうな。
いいなぁ、最近水質汚染のせいとかで、蝦子手に入りにくいんですよね。

参考ページ

凝った宴会料理も美味いのですが
今回のような手羽のような向こうのわりと日常な味も素晴らしいんです。

タイミングよくありつけたものの
多くのお店ではそういう感覚を理解してもらえず悔しい思いをすることもあります。
何故って当たり前に頂けるものは向こうでは武器になりませんから。

日本で例えるなら
イタリアから日本に着た旅行者が

昔ながらの洋食屋のナポリタンやオムライスを楽しんだり
居酒屋でサバ味噌や揚げ出し豆腐を食べて
「こういうのが食べたかったんだよ」なんて言ったら

わざわざ高い旅費払って来たんだから、もっといい店でいいモン食えよ、って思うでしょ?

立場違えば奇特に見えるかもしれないけど
そういうところにも美味しいモノがあるんですよ。

最初ハタの蒸し物も勧められたのですが
さすがに4人じゃ贅沢過ぎるなぁ、と。
そちらはもーちょいメンツ集められたら改めて食べに来よう。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

浦舟町、壱龍釜の豚バラの煮込みの野菜添え
IMG_0024_201802111039194af.jpg

下町番外地の浦舟町に昨年末突如オープンした
ミシュランシェフプロデュースのお店壱龍釜

当初ランチは麻辣湯一択という、立地を考えない尖り過ぎの選択でしたが
その後当然の如く通常の中華料理のラインナップ追加。

IMG_0023.jpg

ミシュランシェフという肩書に凝り固まりすぎるとアレですが
丁寧な中華の数々は十分に魅力的。

でもそのお陰で連日ランチタイムは超満席で入る隙間ナシ。
おそらく近所の南区役所の方々が主なお客さんなのだと思います。

スタートダッシュしようとも彼らに先んじるのは絶対ムリなワケで。

IMG_0025.jpg

それならそれで土日に来ればいいんじゃね、と考えたら
その目論見は正しかった。

まあまあ混んでるとはいえ、平日に比べればまだ席がありました。
スタンダードなランチから豚バラ選択。

IMG_0027.jpg

壺に入っている漬物はもやしにザーサイを加えた淡い味の和え物。

スープは溶き卵と青菜入り
丁寧な仕事するお店だけあっていいお味です。

IMG_0028.jpg

豚バラは町中中華とは一線を画する丁寧な煮込み具合で崩れてません。
八角などのスパイスは効かせ過ぎず、でも肉を美味しくするのに十分な使い方。

IMG_0030.jpg

余計な具材で水増しせずに十分堪能できる量なのが嬉しい。
ひたすら肉、ご飯、青菜、肉、肉、と楽しめます。

次は機会あれば牛バラそばの方を頂いてみたいなぁ。

とはいえ平日行ける場所なのに平日はほぼ無理…とは…。

IMG_0032.jpg

杏仁豆腐もつるんつるんでメチャ美味し。
杏仁豆腐目当てに来てもいいレベル。

汁が粘度のあるタイプなのもちょっと面白い。

公式ページ
参考ページ

実は相変わらず端々に隙が見え隠れするところはあるんだけど
そこもこのお店なりの個性、と割り切ってたのしむのが吉、と思いました。

だって一部の新華僑のお店の隙に比べれば微々たるもんだし(笑)

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR