オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
鶴屋町、モンゴルアオキの120分飲み放題付コース
IMG_9289.jpg

横浜駅界隈をつらつら歩いているときに羊肉酒場の文字を見つけました。
基本ジンギスカンのお店みたいなのですが
タンやらハツやら扱っているみたいだし、ラムチョップもあるとか。

調べてみたら青木酒店という
鶴屋町に5軒も店を持ってる居酒屋グループの新店みたいです。

取りあえず羊がある以上は入ってみなければ、と飲み屋街のビルの2階へ。

IMG_9286.jpg

ラムザンギやら羊クッパやら気になるサイドメニューもあったのですが
タン、ハツ、ソーセージもついてる3500円のコースを薦められて
取りあえずは偵察がてらにそれでいいか、とお願いしました。

店名にモンゴルとついてはいるけど
前菜はナムルの盛り合わせ。

肉が焼けるまでの繋ぎには丁度いいかな。

IMG_9287.jpg

最初に生ラムと特生ラム。
ジンギスカン向けなだけに焼肉と違って厚切りですね。

IMG_9291.jpg

続いて来たタン、ハツ、チョリソとガリックソーセージは
生の状態を撮り忘れたのでもうジンギスカン鍋にのせた状態で。

飲み放題なんで頼まなきゃソンかな、と貧乏根性がもたげて
既に自分の飲み食べのペースを狂わされてます(笑)

モンゴルだけどジンギスカンだからあえて北海道産にこだわった羊肉は
羊らしいクセのない、万人向けの処理がなされてます
…が、個人的には羊臭い方が好きなんだよなぁ。

IMG_9292.jpg

プリプリのタンやらハツやらが手軽に頂けるのはいいですね。

テーブルにはスパイス塩とクミン、唐辛子等が混ぜられたスパイスの2種が置いてあり
これかけると一気にモンゴルというか延辺地方仕様になります。

ジンギスカン用ソースと適宜使い分けるのがいい感じ。

IMG_9293.jpg

ビールビール焼酎梅酒、とテキトーにと飲んで既にほろ酔い通り越し。
酔った手で肉とたまねぎを鍋にのせる作業をしてると
なんか自分が何やってんのかよくわからなく…。

IMG_9294.jpg

たまねぎが余り気味になったのでスパイスかけまって
このあとご飯のお供にしましたが
肉抜きでも結構いけるもんだ(笑)

しかしこちらは肉についてくる野菜は基本タマネギのみ。

野菜盛りでないところは
やはり昨年の野菜高の後になってオープンしたお店だから
警戒してのことなんかね。

せめてもやしくらいつけてくれてもよかったかなと。

IMG_9283.jpg

3500円ポッキリ税込みでこれだけの内容と飲み放題がついてくるというのは
なかなかお値打ちなセットではあるとは思いますが

その分お店の都合に合わせた提供で完全に一人飲みのペースを狂わされることになります。
というか、完全に狂わされました。

グループで来るにはコースはとてもいいと思いますが
普段あんまし飲まない自分にとっては飲み放題はダメだな。

公式フェイスブック
参考ページ

お店自体も居酒屋チェーンをライバルとしたような
若いバイトのにーちゃんねーちゃんで固めてて
客のオーダーにはすぐ対処できるようにしてはいますが

当然ながら個人商店のような適度な距離感と空気は望むべくもないわけで
1人で来る店じゃないな、やっぱ。

気になる塩煮込みやタンスモーク、ザンギとかは
混んでそうな日に来てカウンターでさっと食ってさっと帰るのがいいかな。

テーマ:ジンギスカン - ジャンル:グルメ

阪東橋(白妙町)、釜飯と炉ばた焼 隼のカキバター醤油釜飯
IMG_9303.jpg

昨年の連休明けに医大通りにオープンした釜飯と炉ばた焼のお店。
釜飯が頂ける貴重なお店ということで気にはなってました。

昨年ランチ開始予定の張り紙があったのですが
結局開始を見かけるチャンスのないまま終了してしまった模様。

2月になってまた開始した様子だったので行ってきました。

炊きあがるまで時間のかかる釜飯食うために
今日は数分フライングで足早で通りを歩みました。

IMG_9268.jpg

松花堂弁当か釜飯の2択。

ランチって大抵値段抑える代わりに
値の張る料理は出さないっていうところが多いですが

こちらは1000円越える代わりに扱ってる全種投入ですよ。

IMG_9299.jpg

初めてのお店だから様子見……せずに
カキがまだある季節のうちに頼んじゃえ~、ということで
カキバター醤油釜飯です。

最初にお吸い物…
なかなかいい味です。

食べなれない味だけど…ダシ何使ってるんだろう?

IMG_9300.jpg

副菜はカボチャの煮物に青菜のお浸しに漬物。
煮物もお浸しも塩気は控えめ。

店主は関西の人なのかしら?

酒呑みには物足りないかもですが
連れ立って来てるご近所の年配の奥様方には好評な様子ですよ。

IMG_9302.jpg

炊きあがりの最後にバターを投入して完成のカキバター。
牡蠣は5つ入ってます。

炊き上がり加減は比較的浅め。
カキ自体も半生でぷりんとミルキー。

ホックリ一歩手前の釜飯だけど
食べてる間ずっと炊き立て感があるから
アツアツをお椀によそって食べてくのが楽しいなぁ。

IMG_9304.jpg

ミルキーでぷるんぷるんの牡蠣とご飯
これだけでもう幸せですよ。

完全に溶けたバターのコクを補てんしつつ食べるのも良し。

だし汁も出してくれるので
だし茶漬けとして頂くのもオツ。

個人的にはこのダシをかけて
気持ち加熱の進んだ牡蠣が美味いと思います。

IMG_9308.jpg

牡蠣気分がノってるうちに丁度良く頂けてよかったなぁ。
お昼から釜飯が頂けるというのも嬉しい。

但しランチ営業は火木金のみとなっています。
たまには時間に余裕をもってゆったりと釜飯というのもいいんじゃないかな。

ちなみに松花堂弁当も結構ボリュームあって美味しそうでしたよ。

公式フェイスブック
グーグルマップリンク

そういえば炉端焼きってまだ食べたことないんですよね。
俄然興味出てきたので
そのうち夜伺ってみようかと思います。

テーマ:釜飯 - ジャンル:グルメ

野毛、庄兵衛の牡蠣焼きほか
IMG_9248.jpg

ヌシさんの牡蠣ラッシュ見てたらこっちも気分が牡蠣づいてきました。
去年も庄兵衛の牡蠣焼きの記事見て行こうと思って
結局果たせなかったんですよね。

よし、思い立ったが吉日、とその夜出撃!

いつも日ノ出町駅への帰り際、支店の方を脇目に通り過ぎてましたが
今回も通り過ぎて野毛の奥の本店へ。

IMG_9239.jpg

昔ながらの居酒屋然とした店内はすっかり賑わってましたが
隅の席が空いてたので滑り込み。
取りあえずはおしんこと生ビール。

おしんこは寿司屋的なネタケースから出すと
多分ハイミーをさっと一振りしてます。
今見るまで存在をすっかり忘れてました。
あったな、そいうや。

さーて、ハナッから牡蠣食うつもりで来てるわけですが
そのメインまでどう繋ぐか…。

IMG_9236.jpg

とか言いつつ
実は昼からカキフライ食べてました、この日。
もっと頻繁に食べるつもりで食べそびれてた、市場食堂のカキフライ定食。

最近すっかり人気店になっちゃったから
いつも昼満席で入れないんですよね。

今日はたまたま空きがあったので
かぶりつくと熱い汁の飛び出すたんまりのカキフライ、堪能しました。

IMG_9242.jpg

こちらは焼き物は基本2本からの注文。
しっかり焼きのハツはしっかり噛みしめて味わいます。

IMG_9245.jpg

続いて人気メニューの満州焼き。
カシラを味噌焼きにしたのがそれ。

きもち控えめな甘味噌とジューシーなカシラの相性はばっちり!

何故満州焼きという名前か…
戦中か戦後か満州から引き上げた人が始めたとかなんでしょうか?
後でゆっくり調べよう。

ちなみに横須賀の大衆居酒屋だとこれを羊でやってるそうな。
それは食べてみたい。

IMG_9246.jpg

鳥ピーマン。
軽く焼き目のついたピーマンのほろ苦さがいい感じだけど
鶏がタンパクでちょい弱し。
七味か山椒の力を借りるのがいいかな。

IMG_9253.jpg

さてお待ちかねの、まずは牡蠣の味噌焼き。
先程の甘味噌と同じものに漬け込んで焼いた牡蠣は
小振りなれども牡蠣の旨味に味噌の甘みが加わってイイ。

ヌシさんのアドバイスに従って山椒振りかけると一層良し!

IMG_9250.jpg

しかし個人的には塩焼きの方が好き。

シンプルな塩だけの方が
表面の焼き上がりの美味さと中のジューシーな部分を
ダイレクトに味わうことが出来て
その自然の恵み感がとてもいいなぁ、と思うのです。

IMG_9238.jpg

満ち足りたので長っちりせずに引き上げました。

まだ宵の口、と2軒目を目指すのが野毛ラーなんでしょうが
楽しみは後日に譲ることにしました。

参考ページ

ようやく今年は忘れてた宿題を果たすことが出来ましたよ。
来年もまた今くらいに食べに来たいな。

扱っている時期は実はそう短いものではありませんが
気分的に短い旬の味覚と捉えたい感じですよね、これ。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、ステーキハウスTERAのハヤシライス
r_IMG_8832.jpg

スペインバル、エルニョスキの遺伝子を継ぐステーキハウスのTERA
先月から土日祝のランチ営業が始まったので
お仕事の合間に寄ってみました。

r_IMG_8827.jpg

サイコロステーキにハンバーグが安く頂けるのは嬉しいですが
でもここはひとつお昼しか頂けない料理を、と

カレーのつもりだったんですが
この日はカレー枠がハヤシになっておりました。

セットは選ぶまでもなくスープとサラダですね。
ハヤシライスをご飯で食べるとか、R田中一郎でもやらんわな。

r_IMG_8829.jpg

サラダのはっぱの選択がいいですよね。
普通のレタスよりシャッキリ感の強い食感が美味し。

r_IMG_8831.jpg

寒い日はコーンポタージュも体が温まってよいです。

r_IMG_8835.jpg

一見クズ肉のように見えたのはフライドガーリック
よく見ると牛はローストビーフの切り落としの余り部分のような
実は結構いい肉使ってますよ。

r_IMG_8837.jpg

ローストビーフと野菜を煮込んだグレービーに
トマトの酸味が程よく加わったハヤシ。

焼いた牛がベースだからグズグズ煮込みではなく
肉食ってるなぁ、という実感があります。

気持ちもーちょい肉が欲しいところだけど
あとは酸味+コクまろなルーと一緒にご飯をしっかりと味わうとしましょうか。

公式フェイスブック
参考ページ

お店が出来て興味のある潜在客は多いと見えて
結構繁盛しておりました。

ローストビーフ丼も食べてみたい。
生ハムカットする機械で切ってるの見てたら
追加注文したくなっちゃいましたよ。

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

若葉町、たちんぼのハツ、かしら、ぼんじり他
IMG_8635.jpg

若葉町界隈でたちんぼって
おいおい、とうとうココ、風俗関連のブログになり果てたか?と思われたかもしれませんが

そうではなく
新たに開店したモツ肉店インスパイヤの立ち飲みのお店であります。

こういう情報がいつも早いのは横浜泥酔さん。
参考にさせて頂きつ、痛風の気配のないワタシがモツ焼き強硬偵察おば。

IMG_8631.jpg

インスパイヤとはいえ…ホントに内装モツ肉店系そのまんまだな!
のれん分けでもなんでもないけど
一応気許可は得てるみたいですよ。

しかし店名…過去の汚点ではなく現役でまだやってらっしゃる方々がいるので
検索した時にそのテの情報ばかりで
このお店がまったく引っかからないのはマイナスなんじゃないかと思わなくも。

しかし和食→ペルー料理→韓国料理→建築事務所→創作料理のお店、と変遷していったこの場所。
基本的なレイアウトは変わらないままにずいぶん印象変わったもんです。

IMG_8626.jpg

内容だけでなくお値段もモツ肉インスパイヤなのが嬉しい限り。
料理はキャッシュオンデリバリー
飲み物はその場で、という車橋同様の注文形式。

ホッピーの黒頂きつつ料理をのんびり待ちましょう。

IMG_8629.jpg

おしんこは…このタイプかぁ。
モツ肉店の白菜の浅漬けメインのおしんこが大好きなだけに
これはちょっぴり残念。

IMG_8632.jpg

手前からぼんじり、かしら、ハツ。
ぼんじりはナンコツを残しているタイプ。

焼き加減も品もこの値段にしては上々。

モツ肉店系に僅かには及ばないものの
これなら十分代役つとまります。
美味い美味い。

IMG_8637.jpg

メニューに名物と書いてあったグラタンコロッケ。
モツ肉店にはない揚げ物メニューがちらほらある辺りがこちらのオリジナル。

揚げたてなんで美味しくはありましたが
名物というほど特徴のある味ではないかなぁ。

IMG_8643.jpg

モツ煮のクオリティもモツ肉店とほぼ変わらない出来。
いつも向こう行くときは誰かと連れ立ってだったんで
汁までぜんぶ独り占め出来るのがちょっと嬉しい。

IMG_8644.jpg

そろそろ酔い回って写真ブレブレ。
モモとシロ。
これもどちらも焼き加減上々で美味し。

IMG_8622.jpg

トータルで見ると量と出来は車橋の2割減、くらいのイメージですね。

支店含めていつも満席なのに比べて
近いクオリティのお店でのんびり飲み食いできるというのは僥倖ではあります…が

車橋の煮豚や牛ロースのような飛び道具的メニューがないこと
そして個人的にはおしんこがぜんぜん違うのが残念でなりません。

何気におしんこが自分の中で重要な位置を占めていたことに
改めて気づかされた次第。

モツ肉店にはない揚げ物はこの店ならではのウリになるかというと
そこまではいかない感じ。

参考ページ

とはいえ、10メートルも歩けばマンナそうる肉食堂承があり
ハシゴして他の要素を補填しながら飲み歩けるというのは魅力ではあります。
あと超満席になってたりはしないので居心地は非常にいいです。

テーマ:立ち飲み屋 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR