オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
糀谷、ザイカの野菜カレー
IMG_4351.jpg

横浜界隈だと料理人がインド人でないインドカレー系のお店というと
ほぼネパール人営業ですが

東京方面だとパキスタン人営業のお店がそこそこあります。

パキスタン系の特徴というと
ケバブ屋を兼ねているケースが多いことでしょうか。

IMG_4338.jpg

ご多聞に漏れずこちらも入口側の調理場に
例のくるくるまわるケバブ焼き機が置いてあります。

店内もケバブ屋のイートイン的な簡素な作り。
これが本格的なパキスタン料理が頂けるお店だなんて気がつけようか…。

気がついた人がいるから私も名前を知ることが出来たんですけどね。

IMG_4337.jpg

夜のメニューにはパキスタン伝統料理のニハリがあったり
ランチメニューにもビリヤニが…って
ああ!平日のみか!

休日はホリデーランチということで日替わりのみ
この日は野菜か豆、ということで

この後ネパール料理食べるつもりなので
ハラに貯まる豆でなく野菜にしました。

IMG_4344.jpg

この手のお店にありがちなサラダですが
ドレッシングはニンジンでなくトマトベースのチリソースっぽい。

多分ケバブに使うのと共用なんでしょう。

IMG_4348.jpg

ナンがネパール系のお店にありがちなでっっっかいのではないというのが
逆に新鮮ですね。

比較的硬焼きで、もっちりしていないタイプ。
そして表面に油しっかり塗ってて照り照り。

とそこまではよかったんですが
…使ってる小麦粉に結構クセがあります。

ネパールの蕎麦粉入りチャパティとも違う
粉吹いた感じで…パキスタンの粉なのかなぁ。

正直今一つ。

IMG_4349.jpg

野菜カレーは田舎っぽい垢抜けなさが逆にいい感じ。
糸ショウガが辛み新鮮で一層美味し。

なんだけど、ちょっと油多くて飽きるかな。

IMG_4336.jpg

パキスタンはインドより油多めの印象が元からありましたが
肉使った料理であればそれが良い作用を及ぼすんですよね。

今回日替わり枠が野菜と豆だったのがアンラッキーだったか。

参考ページ

出来ることなら平日のお昼に来てビリヤニ食べたい!
夜だと予約のみらしいので。

さもなきゃニハリがいいなぁ。

IMG_4378.jpg

おまけ。
蒲田まで歩いてきたら
電柱にとまっていた鳩が次々地下のお店に降りて行きました。

エサ蒔いてあるわけでもなさそうなんですが…
住みかにしようとしてるのかな?

風俗系らしいお店の方はどうなさってるんでしょうか?

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

長者町、むらきの串もつ他
IMG_4306.jpg

白金町の支店の方で名前を知って
長者町の本店でもランチを頂いてちょっと気にかかっていたもつ焼き屋のむらき

ハラの減り具合は今一つだけど
ちょっと飲みたい気分だったので串はいいな、と入店。

IMG_4291.jpg

取りあえずは生!
お通しはエリンギの青唐辛子和え。
有りがちではありますが、これ美味しくておトク感もあっていいんだよね。

IMG_4296.jpg

繋ぎに頼んでみたのは梅水晶。
なんとも雅な名前ですこと。

実は生まれて初めて頂きます。
鮫のナンコツにとびっこと梅肉を和えたもの。

コリコリプチプチした食感に梅肉の酸っぱさが映える。

よくこんな組み合わせ思いついたもんだと感心します。

IMG_4297.jpg

まずはレバーを味噌で。
焼けた味噌ダレの中は半生状態。

昨今生レバーは衛生的な問題で食べられなくなったから
外は火を通しつつ、生の名残を楽しめるようにという品なんでしょう。

個人的にはとろーりねっとりに焼き上がった方が好きなんだけどね。

IMG_4300.jpg

ハツとカシラを同じく味噌。
こっちの方が火の通り強めな分
外の味噌もよく焼けているのがいい感じ。

カシラは普通だけど
ハツが血管っぽいコリコリな食感がすごくイイ!

鮮度も焼き加減もばっちりで、これイケてます!

IMG_4304.jpg

とりネギとシロをタレ。

こちらのお店のタレは比較的薄めなんで
七味かけると丁度いい味になります。

美味いけど特徴薄いかな。

IMG_4308.jpg

最後にガツ。
これもいい感じの食感で美味し。

煮込みに比べると焼きはバラつきがあるかなぁ。
ハツ、ガツを中心に頂くといいかなと思いました。

参考ページ

生とホッピーだけで丁度いいほろ酔い加減。
おかげでハシゴとか出来ないんだけど
それはそれで良し、です。

テーマ:もつ焼き・焼きとん・煮込み - ジャンル:グルメ

高田馬場、ウルムチのポロセットと子羊の串焼
IMG_4477.jpg

復旧はしてませんが Notepad からフォルダ越し記事拾ってアップロードすることできるようです
しばらくこの方法でしのいでみます


新宿でやっている吉田博展に興味が出てきて
よし、東京に出かける理由は立ったぞ、ということで
ついでに前回行き損ねたウイグル料理のお店へ。

場所は高田馬場駅から南西に800メートル
大久保駅からは北に900メートル
東西線落合駅から東に700メートル
つまりどの駅からも微妙に遠い場所

大久保駅から小滝橋通りを北上して
早稲田通りに右折してすぐ。
徒歩20分くらいですかね。

シンガポール・台湾料理店に先に寄りましたが
本当はこっちが本命。

IMG_4473.jpg

ケバブ販売の看板があるのでトルコ料理かなーと思うようなお店。
店内も完全に中東風ですが
店員さんはモンゴル系の顔立ちの東洋人。

新疆ウイグル自治区の首都が店名の由来だけにさもありなん。
昨今ウイグル料理店も増えつつありますが
ランチタイムメニューがあるお店は少ないので
そういう意味でも有難いです。

IMG_4475.jpg

前菜は春雨のサラダ。
酢と唐辛子で味付けてある、モンゴル風の料理です。
テーブル備え付けの固形ラー油っぽいのをかけるとなお美味し。

IMG_4478.jpg

今回頼んだのはポロ。
中東、中央アジアで広く食べられている米料理。
ピラフの原型です。

具材が羊肉とニンジンとひよこ豆と白レーズンというあたりが非常に中東っぽい組み合わせ。
でも味自体はスパイスもあまり使わず比較的淡白めな味です。

こちらもさっきのラー油か、乾燥粉末スパイスをかけたりすると丁度いい。

IMG_4481.jpg

細切れの羊肉の茹で肉も具材であると同時に
脂が調味の一端を担ってる感じです。

IMG_4484.jpg

淡白なら淡白で
昔のモンゴルが蛮族と呼んだロシア風にするのがいいかな、と
羊の串焼きを頼みました。

お昼でも1本から頼めるのが嬉しい。
絶対美味いので2本頼みました。

中東ならではの辛いスパイス豊かに焼き上げた
脂のしっかりのった肉
これがもうめっっっっちゃウマ!

IMG_4485.jpg

1本たった200円だから、この際5本くらい頼んじゃうのも手かもしれないなぁ。
この焼き上げて脂も肉もスパイスも豊かなコイツをご飯と一緒に食べるともう最高。
気分はウズベキスタン人です。

それにしてもこの串焼きコストパフォーマンス良すぎ。

IMG_4486.jpg

フードアンドティ、の名が示すように
食後にはチャイが付きます。

中東ならではの風味豊かな煎れ方がいい感じ。

ほうっと一息つきましたが
またこの後新宿まで歩くこと考えると
冷水飲んでクールダウンしといた方がいいかな。

IMG_4465.jpg

ランチは2択で
もう一つのメニューはセリクアシという麺料理
ちょっと冷やし中華っぽいぶっかけ麺みたいです。

参考ページ

これでようやく3月に行きそこなった借りが返せた、と思ったら
7月に巣鴨に新たなウイグル料理店が出来たそうで
そっちもすごく美味しそうで気になります。

しかしそちらに行けたら今度はまた別の場所に新たなウイグル料理店が出来たりとか?
それはそれで楽しいいたちごっこだなぁ。

テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

業務連絡 トラブル中
PCがおかしくなりました
管理者権限なのにハードディスクにアクセス許可なしって言われ
IMEも使えず 日本語入力はgoogle頼り

おかげで記事のストックはあるのに更新できず

しばらく夏休みというにことしておいてください

原因なんなんだ
日ノ出町(宮川町)、甜甜麻辣烫の海鮮豆腐炒め
IMG_4525.jpg

日ノ出町のウインズの並び、アプレンドの後に入ってきた中華料理屋さん。
徐々に増え続けている新華僑系のお店とはちょっと様相が違います。

店名からするに麻辣湯のお店だし
どちらかというと中国本土のキッチュな雰囲気のある看板。

実際調べてみると山東省に同名のお店があるっぽいのですが
関係があるのかないのかは不明です。

IMG_4519.jpg

8月3日に開店したばかり
ランチもやっているようなので伺ってみました。

IMG_4521_2017080822534151b.jpg

漫画っぽい絵柄の店内の看板に絵に色とりどりの傘
まるっきし本土のお店のノリです。

麻辣湯のメニューは寅馬と同じく具材3つ選んで
スープは39度(中辛)か41度(激辛)を選ぶタイプのようです。

IMG_4523.jpg

お昼はランチの他に小鉢類のメニューが置いてあります。
でも小鉢というか、十分一品モノとして通用しそうな料理が概ね300円
一部500円。

お通しなしだけどワンドリンク必須、という形態のようです。

IMG_4524.jpg

なんか長者町、モールの華美宴を感じさせる業務形態ですね。
もしかしたら関連店なのかも、と思わせるところがあります。

ちなみにこれの他に一品料理のメニューがある模様。

IMG_4527.jpg

と、メニューを眺めている間にランチが来ました。
炒めと書いてありましたが土鍋煮込みですね。

IMG_4530.jpg

杏仁というより寒天豆腐なデザートにザーサイ
スープは予想外に胡麻油が効いててわりと美味しいです。

IMG_4529.jpg

とろみスープは麻辣湯の白出汁と共用っぽいそこそこ旨味の出た味
たっぷりの豆腐にエビ、小柱、飾り包丁入りのイカもわりと入ってます。

秀でた特徴もないけど十分美味い海鮮と豆腐の煮込み。
華美宴同様に安価でしっかり飲み食いできるお店という感じです。

IMG_4422.jpg

場所柄この安さを売りに競馬帰りのお客を呼び込むのには丁度いいと思います。

あとは、夜の一品料理に面白いものがあるかどうかが
個人的には気になるところ。

グーグルマップリンク

ちなみにこの写真は開店前日のもの。
開店以降は献花が多すぎてお店自体がぜんぜん見えなくなって
何のお店だかぜんぜんわかんないので。

IMG_4421.jpg

そして福富町にまた新たに出来る四川料理のお店もちょっと気になります。
珍味特化型のお店なのか…果たして。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR