オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
伊勢佐木町、鳳凰楼のぶつ切鶏肉とじゃがいもの煮込み
IMG_0843.jpg

点心舗としてオープンしたけど今一つ周囲の認知を得ず閉店気味だった鳳凰楼
本店の方が閉店してこちらに合流するかたちとなりました。

その後ちょっと気になる中華式の軽食がちらほら
そして最近になって西安料理推しの看板が立つようになりました。

IMG_0838.jpg

日本での知名度はほとんどないけれど
中国の陝西省では一般的なびろんびろんの幅広麺。

日本だと料理そのものより58画という多すぎる画数で有名かな。
wikiでは一応補助漢字の書体で閲覧可能になってますが
フォントのサイズが麺の倍くらいになってるという。

横浜中華街でも今のところ扱うお店はないので横浜初上陸はウソではありません。
ちなみに日本全国だと7軒目のようです。

しかしこちらのお店、味はフツーな印象だったので
牛バラ、坦々、五目ではつまらないなぁ…やっぱり大盤鶏かな。

料理名は西安大盤鶏とありますが
大盤鶏そのものは新疆ウイグル自治区の料理らしいんですよね。

IMG_0839.jpg

料理が出来るまで何か前菜……いやいや

念の為めちゃめちゃハラ減ってるタイミングまでお預けにしていたけど
鶏半羽使った料理だし、食べきれるかどうか怪しい以上

余計なものは頼まない方がいいか。

ということで突き出しのセロリ、ニンジン、茹でピーをお供に生。

IMG_0844.jpg

頼んおいて言うのもなんだがでけえ!

麺の乗ってる皿が通常の焼きそば等用の皿です。
つまり魚の姿蒸しとかに使うくらいのサイズの皿です。

まぁ、頼んじまったもんは仕方ない。
さあ征こうか
…逝こうか、でもいいかもしれないなコレ。

IMG_0845.jpg

びろびろ麺はほうとうやタリアテッレ、板春雨の幅を通り越してます。
麺類というジャンルで括っていいか怪しくなってくるくらい。

食感自体は刀削麺のぴろぴろの部分に似てます。
あるいはもちもち水餃子の皮だけ、みたいな。

IMG_0846.jpg

鶏はブツ切りなもんで骨ごと入ってます。
身のしっかりした部位ごとなもんで
田舎料理らしい火の通り加減。

肉のほとんどに骨が入ってるんで
食べにくくはあるけど美味い。

具は主にはジャガイモ
あとはピーマンにタマネギ
ニンニクも具材のノリで入ってます。

豆鼓も大豆というよりインゲン豆サイズのがコロコロ。
あと唐辛子にショウガ。

味つけは甜麺醤っぽいのですが
砂糖の甘さが一切なく辛口にシフトしてあります。

IMG_0849.jpg

わりかし辛いけど、そこが美味い。
ピロピロの麺を漬すとジャージャー麺の辛口、みたいな味。

これは結構イケます。

とはいえ、本来一人で頼む量じゃないな。
かなりハラ膨れました。
おなかいっぱい幸せいっぱい。

参考ページ

ぶっちゃけて言うとすぐ近所の杜記のランチに時々出る
土豆焼鶏にわりと似てます。
アレをもう少し味濃く、辛くした感じですね。

四川と西安だからそう料理として遠くはないのかも。

とはいえ料理の佇まいと味は西安の田舎で出された宴会料理…みたいな佇まい
結構ウマかったですよ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

関内(弁天通)、ヘイトアシュベリーのグリルポーク
IMG_0936.jpg

弁天通りのライオンズマンションの前を歩いてたらランチの看板発見。
2階、GALAの手前のここは333があった場所でした。

そして昨年のフード&ハイカラフェスタで美味しいパテ・ド・カンパーニュを頂いた
アペロ関内が入ってたんですが

今調べたらたったひと月足らずで閉店していた模様。
何があったんだ!

IMG_0929.jpg

それはともかく、その後に入ってきたのがヘイトアシュベリーというカフェ。
由来はサンフランシスコにあるヒッピー文化発祥の地。

今でも町自体がヴィレッジヴァンガードみたいなカオスな様子らしいですが
こちらもインテリア代わりの本がそんな感じ。
自然志向、前衛志向、あと星の王子様、とか。

IMG_0926.jpg

絞り込んだメニュー自体にはグッと目を引くものはありませんが
取りあえずローストポーク注文。

IMG_0931.jpg

ナチュラルなビネガーのかかった飾り気のうすいナチュラル志向サラダは
煎ったアーモンドスライスがすごくいいアクセントになってます。

IMG_0934.jpg

ポタージュスープはちょっぴりジェノベーゼっぽく見えます
なんだろ?アスパラ?菜の花?
濾し野菜ベースで結構ウマい。

IMG_0938.jpg

メインディッシュもシンプル、ナチュラル
だけどこのでっかさ、力強さはすごくイイ。

見た目ローストというよりスチームドポークといった様相。
フェンネルとレモンのあしらい方はむしろ魚料理向けな配置っぽいけど

何より肉のブ厚つさはよいね。

IMG_0940.jpg

グリルしたオニオンにパン。
オニオンは特に味ついてないけど
ナチュラルに美味いんだよなぁ。

パンもいいです。

IMG_0939.jpg

そして肉!
シンプルに塩とフェンネルとレモンだけ、って味ですが
これがえらく美味い。

塩加減が絶妙だし
肉自体がともかく噛みしめてて美味いです。

脂身もしっかりあるけど
あぶらっぽい感じはぜんぜんなし。

ヘルシーっぽいけど、でもともかくウマいですよ。

IMG_0941.jpg

断面の撮影はやっぱ難しいな。

調理の肝は低温調理らしいです。
下味付けて低温で時間かけて調理した後、一度寝かして
それからまた火入れるって手間かけてるらしいです。

ともあれ
こちらのお店の調理のセンス考えるに
シャルキュトリーとかやれば絶対美味しいに違いないと思います。

メニューにそれっぽいのがないのが残念でありますよ。

IMG_0925.jpg

営業はお昼から通しでカフェタイムあり。
ケースに入って飾ってあったケーキも美味しそうでした。

参考ページ

本来営業は月~金までで、土日祝はお休みらしいのですが
野球のシーズンにあわせて土日の昼営業もはじめてみたそうで
おかげでこちらもお店を見つけることが出来たわけです。

リンク先のお店があげた写真見ると
どれもシンプルながら美味しそうでちょっと気になってます。

テーマ:カフェめし - ジャンル:グルメ

第43回野毛大道芸と住吉町入船通り春祭り
01IMG_1218.jpg

今年の春もイベントシーズンたけなわ。
とはいうものの初日の土曜日は風邪でダウンして寝込んでました…。

なんとか持ち直して日曜日に野毛に住吉町に、とハシゴして楽しむことが出来ました。

02IMG_1178.jpg

先に住吉町入船通り春祭り
昨年は会場縮小に気づかず目前で逃すという失態を犯したので
今年はしっかりと会場を端から端まで……とはいうものの。

出店数が会場に対して思ったよりも少ない上に
道路の封鎖も片側だけしか出来ていないので
結果4~5店舗が4か所の会場に分散するようなかたちで

なんか祭り感が薄いなぁ、というのが印象。

03IMG_1168.jpg

関内駅から国道を渡ってすぐの裏道にあるのラピス
隠れ家イタリアンダイニングバーってところですかね。

イタリアンモツ煮、とあったので気になって頼んでみました。

04IMG_1176.jpg

お、ちゃんとしたランプレドット。
イタリアのモツ煮のレシピに準じてギアラ、センマイを使ったトマト煮です。
ただ汁気多めでミネストローネ風の煮込み加減。

これはこれでアリだけど
もーちょい汁気飛ばした感じだともっと好きだなぁ。

05IMG_1181.jpg

フレンチのリパイユも参加していました。
こちらはリヨン料理が得意ならしいですね。

06IMG_1183.jpg

えぞ鹿肉と白いんげん豆のラグーサンドイッチというのが気になって頼んでみましたが
一番でっかい肉の塊らしきものはソーセージ。

あれ?鹿肉は?
鹿肉ソーセージというわけでもなさそうな?

まぁ煮込みは美味しかったんですが
ちょい釈然としないものが。

07IMG_1186.jpg

野毛に渡る前に吉田町のアート&ジャズフェスティバルをちょっぴり覗いてみました。

年々ジャズと食べ物の比率が下がってきている気がします。
アート小物のフリマ出店が昨年の倍くらいに増えた印象です。

08IMG_1194.jpg

白髪になって禿げてもしっかり刻むドラム
こういうのは幾つになろうがカッコイイと思っちゃうなぁ。

取りあえず吉田町に関しては
5月3日のまちじゅうビアガーデンがきっとまた盛り上がると思うので
そちらを楽しみにしたいと思います。

ポスター右下のおっちゃんがちょっぴり松重豊に見えますね。

15IMG_1209.jpg

さて野毛大道芸。
最初にまたもみぢでいそべ巻きを…と思ったらなんか行列が出来てる!
メディアに紹介でもされた?

とはいえこういうのは瞬間的なものだから
時間をおいてまたくれば普通に買えるはず。

16IMG_1250.jpg

ということで無事頂きました。
今年もおじいちゃんは元気で団子焼いてらっしゃいます。

09IMG_1197.jpg

野毛初のジンギスカン専門店だって。
店名も「元祖 野毛ジンギスカン 羊流し
知らないお店だなぁ、と思ったら開店は来週、29日らしいですよ。

焼肉大衆はジンギスカンと看板にでっかくあるけど
あそこはホルモンがメインだっけか。

10IMG_1199.jpg

ラムぽんという聞きなれない料理を。
つまるところジンギスカンにゆずぽんをかけてパクチーと頂くというだけものものなんですが
あ、これ合いますね。
フツーのジンギスカンも美味しいけど、意外とぽん酢味も合うもんだ。

11IMG_1200.jpg

さて今年の珍獣屋のメニューはこんな感じ。
ツイッターに「数ある屋台が出店してますが、珍獣屋の屋台だけは行列と人だかりができる人気屋台」
と書かれてますが
SNS投稿用に撮るだけ撮って注文する勇気はないお客(?)が多いのも特徴。

ちなみに異物混入プリンはミールワームとコオロギの幼虫入りで
キワモノ感満載。

12IMG_1203.jpg

昨年で食用養殖ウーパールーパーの販売そのものが終わってしまったので
今年はイモリが来ています。

13IMG_1206.jpg

あと今年はワニの手は最初からから揚げ状態のものを置いていたら
これが飛ぶように売れておりました。

生の状態を見せておいて揚げるより作り置きの方が売れるとは……。

14IMG_1208.jpg

んでワタシはツキノワグマの炙りを頂きました。
食感的にはシカか羊かなぁ。

獣臭さはそこそこ抑えられていてフツーに頂けましたが
肉食獣ゆえ脂も多く、けっこうこってりしてました。

アレだ、ジンギスカンで鍋の脇の油だまりに落としちゃってた肉を食べるような感じか。

17IMG_1210.jpg

魚貝バルのJIN-BAY
実は去年気になっていて何度か入ろうとしたことがあったんですが
小さいお店でかつ人気店だから入りそびれてたんですよね。

18IMG_1212.jpg

イカスミカレーを頂いてみました。
お、これ美味い。

大抵のイカスミカレーってイカスミ味はするものの
結局カレーの味がメインにもってこられてしまうんですが
これはカレーの味をサブにまわしてイカスミの味をメインに。

イカの胴のあたりのコリコリした実も美味い。

…しかし昨年の大道芸の時に来てたことを覚えられてたのが驚愕。
うーむ、これは近いうちに夜飲み食いに行かねば!

フェイスブックによると最近ランチもやっているそうな。

19IMG_1220.jpg

フレンチのオブスキュールは食い歩き用チューンはあんまししないで勝負、かな?
中でも頂けます、という売り方。

20IMG_1221.jpg

サングリアの赤を頂いてみることにしました。
これがサングリアとは思えないくらいワインが濃くて
一瞬むせました。

いや美味しいですけどね、これ。
そして冷凍したカットフルーツを氷代わりにするというなかなか嬉しいアレンジ。

冷え冷えサングリアを飲みすすめた後は
半解凍のフルーツをデザートしてし頂けるという寸法です。
最後まで至れり尽くせり。

22IMG_1236.jpg

ビストロのHITSUJI、羊というからには羊肉の扱いは……ないの?
残念。

ロティサリーチキン専用焼き器があるそうで
それが一番の売り物みたいですが

23IMG_1238.jpg

今回はそのロティサリーチキンのワイン煮を出していました。
焼いてから煮込むことで味がまたコク深い。

ひきしまった肉が美味いしソースも美味い。
こちらも宿題フォルダ入りだなー。

ロティサリーチキン食べてみたいけど
半羽注文からで、焼き時間もかなりかかるようなので
一人だと難しいなぁ。

24IMG_1244.jpg

若いあんちゃんたちが出店で頑張ってるのは蒸氣屋
地産地消、湘南野菜と相模湾の鮮魚のお店らしいです。

25IMG_1242.jpg

イカメンチなんて珍しいものがあったので注文。

池田屋のは頭を細かく挽いて大量のタマネギとあわせたたものでしたが
こちらはゲソの粗挽き+タマネギ少々、っぽいつくりでした。

これもこれで旨いです。

26IMG_1252.jpg

玄品ふぐではふぐの皮の炙りなんてものを。
そういえば皮は食べたことなかった。

27IMG_1254.jpg

ぷりぷりくにくにの皮の間には脂がたくわえられており
皮というよりはシロコロホルモンみたいな感じでした。
焼き醤油のいかにも和の焼き物らしい味付けもなかなか。

これ日本酒好きな人ならたまらんお供なんだろうなぁ。

28IMG_1240.jpg

病み上がりなせいで
人だかりの出来てるパフォーマンスの見物にしばらく立ち見するのがキツくて

もう食うだけ食って出てくる感じでしたが
ともあれ今年もしっかり楽しみました。

しかし例年少しずつですが
お客さん増えてますね。

東横沿線に毎年ポスターが貼られてるのも効いて
そこに昨今改めての野毛ブームも後押ししてる感じですか。

野毛大道芸公式ページ

ここ1年くらいの間に急速に新しいお店も増えてきています。
かつて「閑古鳥さえ鳴かない」と言われた野毛も
急速に優良な店舗物件地域となっているようです。

5年後、10年後はどうなってるんだろうなぁ。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

和田塚(由比ヶ浜)、鎌倉バワンのチェティナードチキンほか
IMG_9500.jpg

今日は野毛大道芸見に行くつもりだったのですが風邪でダウン。
というわけで先月のハナシを…。

鎌倉は和田塚の通りにある南インド料理のお店鎌倉バワン
インド人経営ではなく、スパイスに魅せられた日本人の店主が
ケータリングワゴンを経て立ち上げたお店。

鎌倉のお気に入りのお店の一つです。

IMG_9501.jpg

こちらでもラムキーマを扱うようになっていたようで
それを目当てにの訪問だったのですが…
あーーー、どうやら売り切れてメニューから消えていた模様。

でもそれならそれで、牡蠣バターマサラと
よそでは食べられないこちらのポークビンダルーを楽しむとしましょう。

IMG_9503.jpg

奥はインド人の味噌汁たるダルカレー。
豆をベースにした優しい味わい。

手前はポークビンダルー。
こちらのビンダルーは酢ではなく
漬物ベースの酸味をうまく使ったポークカレー。
この独特の発酵した風味がたまらなく美味しい。

こちらに通うだけの価値のあるオンリーワンのカレーです。

IMG_9502.jpg

奥はぷっくり牡蠣の入った牡蠣バターマサラ。
そろそろ季節が終わりで量は少なめだけど
でも牡蠣の旨味とバターのコクとスパイスの丁度いいバランス模様。
牡蠣はやっぱり美味い。

初めて食べるのはチェティナードチキン。
南インドの南端の地域の名を冠した料理。

特にスパイスが効いてる料理の代名詞的に使われる名称だけあって
こちらのお店の中では一番辛いカレーかな?

とはいえ辛さと同時にクリーミーなコクが効いてて辛うま。
そしてチキンの処理、調理がいい感じで
自分の知るチキンカレーの中でも上位と思う

チキンの美味いカレーです。

公式フェイスブック
参考ページ

ラムのない悲しみを補って余りある美味さではありましたが
…でもいずれラムを狙って再訪したい!

そのまままた鎌倉駅まで徒歩。

この辺もにも観光客は来ていますが
小町あたりを歩いている人たちに比べるとゆとりがある感じなので
穏やかな時の流れに身を任せつつの散歩が気持ちいいです。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

若葉町、そうる肉食堂承のプデチゲ定食
IMG_9596.jpg

手軽に韓国料理の定食が頂ける
寒さが完全に去る前に頂いてみたいと思っていた料理が一つ。

チゲ鍋の一種プデチゲ。
このプデというのは漢字で書くと部隊。

朝鮮戦争以降に在韓米軍部隊からの援助物資、放出物資を煮込んだ鍋だとか
韓国軍の部隊の日常食だったとか
まぁ、そんな原典を持つらしい料理。

一筋縄ではない歴史がもたらした非伝統料理なワケですが。

IMG_9597.jpg

あー、うん。
そうだよね。

正規の入手でない食料物資から生まれた料理だから
ご家庭の余り物ご飯的なルックスになるのは当たり前なわけで。

IMG_9600.jpg

インスタントラーメンに生卵ブチ込んで
あと揚げとトックとソーセージ。

独り暮らしの学生のものぐさ飯的なモノになるわけです。

スパムじゃないのが残念。
ソーセージならもう1本欲しかったところ。

IMG_9604.jpg

それなりに美味くはあるわけですが

お店でお金払って頼んだ料理なのに
なんかウチで侘しい一人メシしてるような、ちょっと侘しい気分になるのですよ。

知ってましたが
知識として知っているのと、実際に味わうのとでは気分が違うなぁ、と。

参考ページ

次はちゃんと焼肉か肉チゲとかにしよう。
なんかちょっとさみしいや(笑)

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR